So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

太陽誘電ソルフィーユ リーグ準V! [スポーツ一般]

先週末行われた、日本女子ソフトボールリーグ決勝トーナメント。
生まれて初めて、神宮球場に訪れてみました。
アクセスもいいし、周囲の景観とあいまって、いい雰囲気の球場ですね!


15136021_1195974023802538_2360131873931374389_n.jpg


ソルフィーユは前日の試合で敗れたため、決勝戦進出決定戦からの登場。
朝10時半からの試合で日立と対戦しました。
これに勝利したほうが決勝進出、負けると3位という一戦です。


15203291_1195973967135877_1996776472857656984_n.jpg


この長いシーズン、一緒に戦ってきた選手・スタッフと一番近い場所で戦いを見届けたくて、
ベンチの上から観戦することにしました。
Warm-upしている選手との距離も近かったですねぇ。


15202617_1195973990469208_7345497256106637722_n.jpg


この一戦、最終回に「女イチロー」山田選手のホームランで勝ち越されたものの、
その裏の攻撃でしぶとく追いつき、タイブレーカーでは主将の佐藤みなみが2塁打を放ち、
劇的なサヨナラ勝ちをおさめて決勝戦まで駒を進める事ができました。
久々にスポーツの現場で大泣きさせていただきましたねぇ…o(TヘTo)


決勝戦はトヨタ自動車のエース、アボット選手に抑え込まれてしまい残念ながら準優勝でしたが、
それにしても20年ぶりの準優勝。
藤田倭は最多勝、本塁打、打点+MVPの4冠王に輝きました。
無名の新人(しか入らない?)を、練習でとことん鍛え上げるスタイルの太陽誘電ソルフィーユ。
野球で言うと、広島カープと似通ったものがありますので、応援のしがいがありますよ(笑)


1480244475227.jpg


東京五輪では正式競技に復帰する女子ソフトボール競技。
誘電だけでなく、ソフトボール競技全体に対するの応援、どうぞ宜しくお願い致します。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

若手医師にオススメの臨床研究eラーニングサイト [病院&医者の話]

先日初めて知った、このHP…
⇒ 『ICR臨床研究入門』
臨床研究を志す研修医や若手のドクターには、かなりオススメできるHPです。


内容としては、臨床研究とはなんぞや?という所から、各種統計の基礎や方法論、
プロトコールや論文の書き方、メタアナリシスに関する解説などから始まり、
研究倫理や個別化治療開発、臨床治験に必要な各種知識などに至るまでを、
e-ラーニング形式でまとめて紹介しているというもの。
若手医師にオススメと書いてみたものの、自分にとっても非常に有用です(笑)


スマホでも見られるし、スライドをPDFで落とすこともできるので、
時間的な制約に関しても融通が効きそうですね。
基礎的な知識については、かなり噛み砕いて説明してくださっていますので、
看護研究で彷徨っているコメディカルにとっても、体系的に研究の基本を学ぶことができるはず!


なかなか読み応え?のあるHPです。
全て受講してテストを受けて、修了証をもらうのをモチベーションにするのもありでしょう。
医局に属さず、なかなか研究というものに触れる機会のない若手Dr.などは、
このページを一読することを強くオススメいたします!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車におけるスポーク外傷 [整形外科&スポーツ医科学]

最近、『スポーク外傷』が増加しているそうです。
自転車の後ろに乗っている人が、車輪のスポークに踵や足を巻き込まれるというこの外傷。
整形外科医には有名なケガですが、一般の方には馴染みのない言葉かもしれません…
詳細は、下記にある国民生活センターのHPを御覧ください。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160818_1.html


基本的に自転車の2人乗りが許されているのは6歳までですので、
当然受傷者の半分以上は6歳以下の幼児ということになります。
受傷機転から、創は大きくえぐれるような傷やフラップ状の傷になりがちであり、
各種薬剤や外固定、免荷といった色々な引き出しを使いながら治療するにも関わらず、
踵まわりの血流が比較的悪いことと相まって、創治癒に難渋することが多いです。


予防としては、やはり車輪をガードする各種器具(幼児用座席、ドレスガード)を使うことや、
子供を自転車後席に載せる際にはサンダルではなく、靴を履かせるというような、
皮膚の露出を避ける工夫なども必要です。
あとは、子供に乗車姿勢をしっかりと指導することなども当然重要になってきます


この外傷を周知し、しっかりと予防をしてほしいと思い、この記事を書きました。
医者としては、外来で泣きながら処置を受ける小さなお子さんに接するのはもちろんのこと、
申し訳なさそうに子供の治療を見ている親御さんを見るのも切ないことですので…(x_x;)


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キャダバートレーニングの内容 [整形外科&スポーツ医科学]

今回のトレーニングでは、受講生が一通りの手術はできるレベルの先生でしたので、
僕自身も勉強になるような、様々な手術を行うことが出来ました。

【1日目】
・ACL再建(QTB:骨付き大腿四頭筋腱)
・PCL再建(ハムストリング 2ルート)
・LCL/膝窩筋腱再建(屍体豚アキレス腱)
・内側半月板後角アンカリング
・外側半月板各種縫合および針先の出口確認(In-out/All inside/Out-in)
・解剖
【2日目】
・ACL再建(ハムストリング All-inside reconstruction)
・PCL再建(BTB All-inside)
・後外側支持機構再建(屍体豚アキレス腱 Modified Larsen法)
・MCL再建(Augmentation+人工靭帯によるInternal brace)
・MPFL再建(屍体豚アキレス腱)
・外側半月板各種縫合
・解剖

これだけの手術を、コンセプトや注意点、ピットフォールなどを伝えつつ、
AM/PM各3時間で行ったので…かなり忙しかったし、心の底から疲れました。
正直、トレーニング後はホテルから外に出る気にもなれず、ぐったりという2日間。


メーカー主催のトレーニングに行くたびに思うことですが、
手術器具の進化やモディファイが凄く進んでいるな、というのを強く感じますね。
特に整形外科領域は器具に対する知識の有無で、手術の質や精度、所要時間が大きく変わります。
PCL/PLC用器具や、”Internal brace”という概念のもとに開発された人工靭帯+スクリューなど、
今後使ってみたい器具が目白押しでした。
今回はArthrex JAPANのご協力によりチャンスを頂いたのですが、
必要な器具については新規導入を行い、患者さんに還元していきたいな、と思います。
ある意味、企業戦略にはめられているとも言う(笑)


Hawaiiを満喫する時間は全くありませんでしたが…次回はプライベートで訪れたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キャダバートレーニング@ハワイ [病院&医者の話]

某A社のキャダバートレーニング(屍体を使った手術トレーニング)でハワイに来ています。
今回は講師としてご招待をいただきましたので、フライトもビジネスで。。。
前回のESSKAでもビジネス使ったのですが、やはり一回乗ると癖になってしまいますね(笑)


DSC_1733.JPG


人生初のハワイ、ってことで、昨日は時差調整を兼ねて眠いながらも一日動き続けていました。
ワイキキビーチ近くのホテルから、アラモアナショッピングセンターまで徒歩で移動したり、
ビーチに日光浴に行ってみたり。


DSC_1757.JPG


なかなか素敵な町並みでした。
今回のメンバーは、西は九州から北は東北まで、広い地域からの先生方が参加されていますので、
面識のない方も多くいらっしゃいます。
明日からのトレーニングや夜の飲み会で、親睦を深められることも楽しみにしています。


DSC_1758.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今季のサポートアスリート [s-podアスリートサポート]

さぁ、今週末のLeviでアルペンスキー・ワールドカップが本格的に開幕となります。
男女とも、スラロームで開幕となるのですが…
再来週からの北米高速系が、雪不足でちょっと厳しそうな感じですね。
もしかしたら、ヨーロッパに振替になるかもしれません。


そして今季もまた、アスリートサポートは継続して行うことになりました。
昨年からの3名、そのまま平昌五輪まで続けて支援していきますよ〜。

・長谷川絵美(サンミリオンSC)
・河野恭介(野沢温泉SC)
・須貝龍(チームクレブ)


3人共、JAPAN National teamに所属しておりますので、
詳しい情報はこちらを…
⇒ http://www.ski-japan.or.jp/team/AL/


今季は、世界選手権に加え、冬季アジア大会が開催されます。
アルペンスキー世界選手権の派遣基準は、
① 2016-2017シーズンワールドカップにおいて(男女共通)
・10 位以内の成績を 1 回以上 (全種目対象)
・30位以内の成績を 2回以上 (全種目対象)
② 2016-2017シーズンヨーロッパカップにおいて(男女共通)
・6位以内の成績を 1 回以上(全種目対象)
・25位以内の成績を2 回以上(全種目対象

これを、2017年1月24日までにクリアすることが条件となっています。
絵美はW杯の出場が確約されている状況ですが、
残り2人はジャパンチーム内のタイムレースや、諸処の事情をクリアしないとW杯には出られません。
頑張りましょう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

太陽誘電ソルフィーユ リーグ戦2位で決勝トーナメントへ [スポーツ一般]

今週末、日本女子ソフトボールリーグの最終節が終わりました。
我が?太陽誘電は、リーグ戦を17勝5敗の第2位という成績で決勝トーナメントに進出しました。
僕がドクターになってからのここ数年間では、2年ぶり2回目の快挙です。


うちのチームは、大企業のチームとは違って選手・スタッフともに少数精鋭!
(本当は、アナライザーやエキップメントのスタッフも欲しいけど…)
新入団選手もスターを集めるのではなく、叩き上げで選手を鍛えて育てていくスタイル。
プロ野球で言うと、まさに広島のような存在なんですよね( ̄▽ ̄;)


ここ数年は、攻守ともに日本代表を支える選手たちが育ってきて、
そろそろ勝負の年かな?とは思っていたのですが、予想のはるか上を行く結果を出しています。
中でも、二刀流で活躍する藤田倭選手は一般の皆さんにも覚えてほしい名前。
代表でも投打の主力として活躍しています。
今季のリーグ成績は、投手として最多勝、打者としては本塁打と打点の2冠、ってわけで、
投打合わせると3冠王の活躍を見せてくれました。
…って、打率も2位だったんですけどね!!( ̄TT ̄)!!


そんな藤田も決して突出することなく、周りの選手のレベルも高いチームになった誘電ですが、
11月26、27の両日に神宮球場で行われる決勝トーナメントではトヨタ、ビッグカメラ、日立といった、
決勝トーナメント常連、リーグ屈指のビッグチームたちと対戦となります。
ソフトボール特有のページシステムなので、3位以内は確定しているのですが…
当然、目指す所は1993年以来のリーグタイトルです!


お時間がありましたら神宮球場に足を運んで頂き、太陽誘電に温かい声援を送ってくださいませ。
日本女子ソフトボールリーグ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シャネル×レストラン×ミシュラン [日記・雑感]

この週末…臨床スポーツ医学会のチームドクターミーティングに出た帰りに、
仕事で付き合いのある先輩方からのご招待で、銀座のレストランに行ってきました。
そのレストランは、こちら。
⇒ http://www.beige-tokyo.com/ja/

シャネル銀座ビルの10階にある、ベージュアラン・デュカス東京。
ミシュランの2つ星を持っているレストランです!Σ( ̄□ ̄;)
とりあえず、分不相応な場に飲まれたのか?ちょっと緊張しました。
なかなかお話することができないような、違う世界の方々とご一緒させていただいたので、
会話や自分の所作にやたら気を使ってしまったのも、原因の1つかもしれませんが。


もちろん、料理は素晴らしかった!と、思います(笑)
シェフが毎朝鎌倉から買ってくるという野菜が、とにかく美味しかったです。
今回は【ペリエ・ジュエ】という高名なシャンパーニュメゾンとのコラボで、
ベル・エポックのロゼやブラン・ド・ブランといったヴィンテージを味わうイベントだったのですが、
それに合わせていた?のか??バター控えめの味付けも自分好みでした。


生まれて初めて、ミシュランの星を持つレストランを体験しましたが、
際立った違いを感じることができなかったというのが正直な所です。
やっぱり、一流の料理やお酒というのは音楽や絵画と言った文化に似たところがあり、
定期的に触れる機会がなければその凄さを感じられないのかもしれませんねぇ。


流石にレストラン内で写真は撮れませんでしたが、
レストランに上がるエレベーターでの一枚!


DSC_1726.JPG


うん、ここもやっぱりシャネル。
どれだけ徹底しているんだか。
今度行く時には、シャネルの何かを身に着けていきたいと思います(^-^;)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー界のビッグネームが群馬に来ます [サッカー]

表題通り、ザスパクサツ群馬に大物外国人が加入!だと良いのですが。。。
実際にはこの秋に面白げなサッカーイベントが群馬で開催されますので、ちょっとご案内を。

①日伊国交150周年 ユベントスレジェンドチャリティーマッチ
11月5日の土曜日、正田醤油スタジアム群馬で開催されます。
ユベントスはトレゼゲを筆頭に、バッジョ(Dの方)、ディ・リービオ、フェラーラ、スキラッチなど、
なかなか面白そうな人々が来日されるようです。
もちろん、僕の一押しキャラでもあるラバネッリさんもいらっしゃいますよ。
でも、インザーギ、ビアリ、ネドベド、デルピエロ当たりにも来てほしかった…(#+_+)

迎え撃つ日本人メンバーは、いつものチャリティーマッチでよく見かける方々ですが。。。
久々に正田醤油スタジアムに戻ってくる秋葉さんが、得意のニクバナをやらかさないか心配です(笑)

公式サイト⇒ http://ima-gunma.com/


②ロナウジーニョが群馬に来るらしい
これについては、日本のマネジメント会社が12月にロナウジーニョを呼んで、
群馬でサッカーイベントをやるらしい、位の情報しかないんですよね(笑)
彼が公式のInstagramでコメントしていることくらいしかソースが無いのですが、
そのうち情報が出てくることでしょう
大泉町と群馬を気に入ってくれて、1〜2年うちのチームに来てくれると良いのですが!


ロナウジーニョのインスタ⇒ https://www.instagram.com/p/BLWknMXBwdg/?taken-by=ronaldinhooficial


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

勤務医のブラック度が薄い理由? [病院&医者の話]

最近、電通のアレで1ヶ月80〜100時間を超える時間外労働が問題になりましたが、
勤務医の労働環境はそれに近いような物がある気がします。
一般的な就業時間を9時18時の週5日と考えると…

【研修医時代】
・朝7〜8時に出勤、勉強会や患者さんの回診をしてから通常業務
・昼休憩というのは、ほとんど存在しない
・外来はともかく、当然17時に手術や病棟業務が終わることはまずない
・受け持ち患者さんの仕事や雑務の後、病院を出るのは平均で20〜21時
・それにプラスして、土日も2〜3時間程度は病棟に顔を出す
・月2〜3回の当直(代休なし)

平日:4〜5時間/日の時間外労働×5日×4週=88時間
休日:2〜3時間/週の時間外労働×4週=10時間
⇒98時間/月+当直

【最近】
・出勤時間は同様か、もうちょっと早め。時間の使い方は一緒だが、自分の勉強時間が増える。
・外来日は1時間の休憩を取れるが、Ope日は取れず
・病院を出るのは平均19〜20時
・水曜と日曜が休み、土曜は半日なので、土曜15時以降の週末は基本的にオフ
・当直は平日に月1〜2回程度(代休なし)

平日:3〜4時間/日×4日×4週=56時間
土曜日:2〜3時間/日×4週=10時間
⇒66時間/月+当直

って訳で、まぁまぁの残業時間となります。
でも、医者でいうとその残業時間って、自分の価値を高めるための時間でもあるんですよね。
患者さんを診ることによる経験や、手術だったり、学会発表&論文の準備だったり…
そういった背景が、残業に対する抵抗感が少ないことにつながっているのかな?と。


通常の業種よりも職場(院内)でしかできないことが多いので、病院にいる時間が長い、
というのも、医者の特徴としてあるのかもしれません。
そして、医師にしかできない仕事が故に残業せざるを得ないということや、
患者さんに対するサービス業であるため、感情的にもそれを受け入れられる立場ですから、
若い頃は特に残業は苦になりませんでしたし、今もこの程度であれば全然気になりません。
(それに対する金銭的なフォローがあるということが大前提ですが)


とはいえ、ある程度の経験を経て、医者としての価値の高まりがプラトーに達したり、
年令を重ねるにつれ、体力的に問題が出てくるようであれば、
労働環境を変えるということも選択肢として入ってくるのでしょう。
ブラック?な環境に身をおくことのメリットとデメリットの損得勘定の結果により、
身の振り方も変わってくると思うんですよね。


(個人的には)もう環境を変えるべき時期なのかな?と、感じています(^-^;)
今の実績と診療&手術技能、症例数があれば、普通の病院なら全国どこでも拾ってもらえるのかな〜、
ってくらいのラインまでは来ている気がしますので。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -