So-net無料ブログ作成
検索選択

アウェーへの通院 [整形外科医の骨折]

今日は術後の経過観察に、日赤へ!
やっぱり、働いた事のない病院へ行くのは、アウェー感たっぷりっすね。
しかも待合や廊下で何人もの知り合いの先生に出会い、そのたびにケガと手術の経緯を話す羽目に[ふらふら]
それはそれで大変でした。。。

そして、診察室に入るなり、4人の先生(先輩)方が嬉しそうに出迎えてくれました(笑)
「結構しっかり動くじゃん!」
「これで仕事してたんだ・・・なかなかやるねぇ」
「傷、痛そうだねー、やっぱ骨折は痛いでしょ!?」

とにかく、諸先輩方にやたらイジられました o(TヘTo)
これもアウェーの洗礼でしょうか!?
まあ、整形医局の同級生たちには、
「マジ折れてるじゃん!折れたって話を聞いて超みんなでウケたんだけど!」
とか、
「ゴルフでダフっても折れないものかどうか、プレートの強度を試しにラウンド行こーぜ」
とか、ひどいことを言われていたので、それよりかはマシだった気がします。。。

そして、ビックリしたのが先週末にこちらへ紹介したはずの患者さんに、ばったりお会いした事!!
金曜にはこちらを受診するよう、よくよくお話したのに、来てるの火曜日だし!!
ちょっと遅いっすよ。(ー_ーメ)
まぁ、向こうも俺が患者としていることに度肝を抜かれておりましたが。。。
患者さんに話を聞くと、やむをえない事情もあったようですし、大事に至らなかったようなので一安心しました。

そんなハプニングもありましたが、レントゲン上は骨癒合がほぼ完成していて問題なし。
手関節の可動域も、回内外がわずかに固い程度で、こちらもNo Problemです。
そんなわけで、今日で終了にしちゃいましょうと言う話になりました!

プレート&スクリューはまだ残っているけど、もう一度手術受けるのもなんか面倒だし、
このまま死ぬまで置いておこうという結論になりました。
たぶん、俺が火葬されたら、骨に混じってT字状のプレートが出てくるはずです。。。

抜釘をしなくてもいいのかと思う方もいると思いますが、
この場所だと筋肉(前腕回内筋)に隠れている事と、
この会社のプレート、スクリュー自体が、ロープロファイルな設計になっているので、
まったく違和感を感じないのです。

抜釘手術するとなると、また回内筋を一部切離しなくてはならないし、
1週間ほど手術をお休みしなくてはならないと言う事もあります。
そしてなにより、プレートを入れておけばゴルフをして、ダフったとしても安心ですしね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0