So-net無料ブログ作成

開放骨折と複雑骨折 [整形外科&スポーツ医科学]

先日、とあるTV番組で「誤解されやすい日本語」として、
【単純骨折と複雑骨折】
というワードが出てきました。
確かにこの2つのワードは、日本語からは想像がつかない?医学的意味を持っています。
医者にとっては、学生時代の整形外科の授業やテストでよく出てくるところですので、
その違いはよくわかっているのですが…

『単純骨折』は、『閉鎖骨折』とも呼ばれます。
すなわち、骨折部が皮膚や脂肪、筋肉といった組織の中に収まっている状態の骨折を、
一般的には単純骨折と言うのです。
一方、『複雑骨折』は、『開放骨折』とも呼ばれる通り、
骨折した骨が、皮膚や組織を突き破って、外界に露出している状況を示しています。
骨折部がいかに複雑に割れてしまっていても、皮膚を破っていなければ単純骨折になるのですね。


ただ、骨折の形態を評価する時には話が別です。骨が2つにパキっと割れていれば、
「骨折型は単純型だな」
骨折部が幾つにも粉々に割れているようであれば、
「骨折型は粉砕型(複雑に折れている)だな」
と考え、同じ骨の骨折でも、固定器具や治療方針は骨折の形によって変化することがあります。


整形外科医としても「単純⇔複雑」という分類より、「閉鎖⇔開放」という方を一般には用いるので、
複雑骨折というワードは久々に聞きました。
確かに、一般の方からすると理解し難い専門用語ですから、徐々に廃れているのかもしれませんね。
(^-^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0