So-net無料ブログ作成
検索選択

『ソフトターゲット』に対するテロの恐怖 [日記・雑感]

先日、バングラデシュにおいて外国人が集まる高級レストランを標的としたテロ事件がありました。
日本人を含む多くの人々が殺害されたこの事件の詳細がはっきりしていくにつれ、
『全世界中で安全な場所などありえない』
という意識を持たざるをえない気がします。。。(>_<)


特に近年は、テロリストの標的が軍や政府関係機関のような経鼻が厳重な場所から、
コンサートホール、スタジアム、駅、ホテル、ショッピングセンター…といった、
人が集まるが警備は手薄な場所=ソフトターゲット
と呼ばれる場所に移行しています。
昨年秋のフランス全土における同時多発テロなども、まさにこういった形でした。


いろいろな意味で移民に対する受け入れが厳しい日本では、
テロリストの流入という面では欧州と比較するとまだ安全な部分もあるかもしれませんが、
逆に大都市に入り込んでしまえば、今回のような事件が起きるリスクは非常に高いでしょうね。


とはいえ、こういった事件を目にしても、
『まだまだ日本は大丈夫でしょ?』
と、思ってしまう自分がいます。
こういうのを平和ボケというのでしょうが…実際に平和な日本国内で40年間生きてきたので、
なかなかこの意識を根底から覆すというのは難しいですね。
言葉は悪いですが、実際に国内でこういった事件が起きるまで意識改革は難しいのかな。
個人的には、一生平和ボケで過ごしていけるような治安を維持して欲しいと思ってしまいます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。