So-net無料ブログ作成

記憶に残るサッカー代表戦 [サッカー]

僕が読んでいるメルマガ「サッカーコラムJ3 Plus」さんで、
1992年から2016年の間に開催されたサッカー日本代表戦の名勝負ベスト30を紹介しています。
無料記事なので、皆さんにちょっとご紹介・・・
Youtubeの試合動画も漏れ無く付いているので、結構ハマります。

30〜21位⇒ http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-6875.html
20〜11位⇒ http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-6876.html
10〜1位 ⇒ http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-6877.html

個人的にはドーハからジョホールバルまでと、中国アジアカップがかなり印象的ですね。
特に、フランスW杯の最終予選における国立競技場の異様な雰囲気は、
「戦争」と言っても過言ではない、今の代表戦では全く感じることのないヒリついた空気でした。


殆どの試合をリアルタイムでTVごしに見ていましたが、個人的な第一位を選ぶとすると、
広島アジアカップGL最終戦、勝たなければ上に行けない状況でのイラン戦ですね。
当時は高校生で寮に入ってたので、あの試合は寮生が集まって食堂のTVで見ていました。
後半40分を過ぎて、流石にここまでか…と、思っていた時間帯に、あのカズさんのゴール!
男40人近くが雄叫びを上げ、女子寮の皆さんが驚いていたのを覚えています(`・ω・´)ゞ
例のシーンは、1時間34分過ぎ…




ちなみにこの時のイランのGKは、日本がジョホールバルでイランにVゴールで勝った時、
試合中に腕を痛めたふりをしつつ、その手で最後に中田英寿のシュートを弾ききれなかった、
あの、アベドサデ選手です。
この人は、日本代表とは相性が悪かったのかもしれませんね。。。
そして、この時に高木琢也さんは坊主頭だったのですが、
とんねるずの生ダラの罰ゲームのせいで丸刈りになっていたというのも、豆知識的なエピソードです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0