So-net無料ブログ作成
検索選択

日本vsUAE ロシアW杯アジア最終予選 [サッカー]

さて、ロシアに向けての最終予選の初戦は、敗戦という結果でした。
Homeで先制点を取りながら、1−2の逆転負け。
審判の問題や日本のコンディションの悪さなど、色々な要因はありましたが、
敗因のもっとも大きい部分は、日本のベンチワークにあったような気がします。


個人的には
① コンディションが悪く、ゲームの中でも機能していなかった香川選手を引っ張ったこと
② フル代表デビューとなる大島選手をスタメンから使ったこと
の2点が、ポイントだったかな…と。


①については、特に後半ですね。
前半からトラップのズレや反応の悪さなど、コンディションが悪いことを感じさせてましたが、
攻撃でも中央に偏り、細かい局面で打開することに固執してロストを繰り返すなど、
相変わらず代表戦でのトップ下では…何も生み出せませんでしたね。

ボランチが持った時に動きが少ないので、攻撃の切替時における受け手としても今ひとつ。
プレスバックもなかなかかけられない、と、個人的には全くいい印象がありませんでした。
香川選手ではなく、清武選手が交代した瞬間に、良くてドローという気持ちになりましたね(笑)


②については、起用自体がギャンブルだったかな、と。
最終予選、しかも初戦にフル代表デビューの選手を起用するというのは、
勝ち負けを良い方にも悪い方にも左右する、不確定要素を増やすということ。
勝ち点がすべての最終予選で、この起用をせざるをえない準備段階を含めた問題と思います。

もちろん、開始直後にバイタルでボールを持ち、縦にパスを通そうとして引っかかったシーンで、
自らシュートを撃ち、枠や際どいところに行っていれば・・・
その後もノリノリで行けて、もう少しいいプレーが出来たのかもしれません。
しかし、1失点目の原因となる横パスのミスの後は、ウィークポイントだけが浮き出る展開に。
1対1の軽さや身体の弱さが目立ち、相手の10番にドリブルで振り切られることもしばしば。
2失点目のPKも彼のファールからと、(結果からは)敗戦の大きな原因となってしまいました。

まぁ、かと言って原口選手をスタートから3列目で使うという選択肢はないでしょうし、
2次予選で出場経験のある山口、遠藤選手じゃなかったのは、それなりの理由があったのでしょう。
柏木選手の問題もあったので、彼だけを責めるというのはちょっと酷ですね。
次があれば、期待したいと思います。


いやー。
最終予選初戦の敗戦というのは、アメリカW杯の時以来ですね!
最終予選に対して、俄然熱量が上がってきました。
タイ戦以降の戦いっぷりも、楽しみが増したという気がします(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。