So-net無料ブログ作成
検索選択

リオパラリンピック [スポーツ一般]

ただいま開催中のリオパラリンピック。
今回はメディアへの露出やTV放映もかなり増加したので、目にする方も多いと思います。
僕自身も今年の冬に「障がい者スポーツ医」の資格をとったこともあり、
興味深く競技を見させていただいております。



障がい者スポーツ医の勉強をするまで、この世界の実情や選手の状況については全く知りませんでした。
装具を使う選手も多いスポーツなので、装具のテクノロジーレベルによる不平等があったり、
障害レベルによるクラス分けの問題および、障害の偽装などの問題について知っていくと、
スポーツとして成り立たせることの難しさはかなりのものだなぁ…と、思います。
また、(身体)障がい者にとっては貴重な残存機能を鍛えるという意味では良いのですが、
競技によっては過負荷や外傷の危険もあるということを鑑みると、
スポーツを行うことの意義は、整形外科医としてどう向き合うべきか?という課題もあります。


とはいえ、選手たちが健常者のアスリートとなんらかわりのない純粋な気持ちで、
純粋に世界一を目指して努力しているのを目の当たりにすると、
前述した問題というのは(無視してはいけないけど)、小さなものだなぁ、と思わされます。

最後に…パラリンピックというイベントですが、チケット販売&視聴者数という面では、
サッカーW杯、五輪に次ぐ世界第3位のビッグイベントになるんですよね。
2020年は東京で開催されますので、その予習も兼ねて是非ご覧になってみてください。
健常者には馴染みのないものや、馴染みがあっても車いすや装具、障害によって全く違う姿を持つ、
様々なスポーツを見ることができますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0