So-net無料ブログ作成
検索選択

キャダバートレーニングの内容 [整形外科&スポーツ医科学]

今回のトレーニングでは、受講生が一通りの手術はできるレベルの先生でしたので、
僕自身も勉強になるような、様々な手術を行うことが出来ました。

【1日目】
・ACL再建(QTB:骨付き大腿四頭筋腱)
・PCL再建(ハムストリング 2ルート)
・LCL/膝窩筋腱再建(屍体豚アキレス腱)
・内側半月板後角アンカリング
・外側半月板各種縫合および針先の出口確認(In-out/All inside/Out-in)
・解剖
【2日目】
・ACL再建(ハムストリング All-inside reconstruction)
・PCL再建(BTB All-inside)
・後外側支持機構再建(屍体豚アキレス腱 Modified Larsen法)
・MCL再建(Augmentation+人工靭帯によるInternal brace)
・MPFL再建(屍体豚アキレス腱)
・外側半月板各種縫合
・解剖

これだけの手術を、コンセプトや注意点、ピットフォールなどを伝えつつ、
AM/PM各3時間で行ったので…かなり忙しかったし、心の底から疲れました。
正直、トレーニング後はホテルから外に出る気にもなれず、ぐったりという2日間。


メーカー主催のトレーニングに行くたびに思うことですが、
手術器具の進化やモディファイが凄く進んでいるな、というのを強く感じますね。
特に整形外科領域は器具に対する知識の有無で、手術の質や精度、所要時間が大きく変わります。
PCL/PLC用器具や、”Internal brace”という概念のもとに開発された人工靭帯+スクリューなど、
今後使ってみたい器具が目白押しでした。
今回はArthrex JAPANのご協力によりチャンスを頂いたのですが、
必要な器具については新規導入を行い、患者さんに還元していきたいな、と思います。
ある意味、企業戦略にはめられているとも言う(笑)


Hawaiiを満喫する時間は全くありませんでしたが…次回はプライベートで訪れたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0