So-net無料ブログ作成
検索選択

Jリーグチャンピオンシップ決勝 浦和vs鹿島 [サッカー]

昨日は、当直しながらチャンピオンシップ第2戦を観戦してました。
鹿島が1−2の逆転勝ちをおさめ、アウェイゴールの差で年間王者となったこの試合。
接触プレーを許容した審判の基準もあって、激しい球際の勝負が多かったですね。
あのくらいの基準じゃないとコンタクトプレーのレベルが上がらないと思うので、
非常に快適に?観戦させて頂きました。


個人的には浦和の宇賀神選手、鹿島の鈴木選手が倒れがちだったのが残念に思いました。
特に宇賀神選手はそういったプレーが失点につながってしまいましたし、
その後も2回ほどファールを貰おうとしたが流されたシーンがあったというのは、
試合の中で、審判の基準を理解できていなかったのかな…と。
もう若手ではない年齢ですから、そういったところは試合の中で修正していって欲しかったです。


鈴木選手は戦う気持ちを全面に押し出しすぎるくらいのファイターですから、
本当に倒されていたのかもしれませんが(笑)
右サイドで起点を作る役割を与えられていた時間帯は特に、倒されてからのアピールが目につきました。
ああいったスタイルだからこそ、手を使っても倒されないくらいのプレーを見たかった。
あとは、サイドをやるならもう少しクロスの質とタイミングが…( ̄▽ ̄;)


ちなみに、チャンピオンシップで王者を決めるスタイルと年間勝点のありかたに、
色々な意見があるようですね。
個人的にはいまいちのレギュレーションだと思いますが、このルール上では、
「この2戦で上回った方がチャンピオン」ですし、
上位チームにはアドバンテージがありました。
第1戦の勝利+先制点というアドバンテージを活かせなかった浦和より、
逆境のAway第2戦で勝つためのプランを遂行できた鹿島が、
(このレギュレーションでは)チャンピオンに相応しいチームであったということでしょう。


最後となりますが…両チームともにチームドクターは僕と同年代なんですよね!
鹿島は関先生や香取先生、浦和は仁賀先生という巨匠の存在はあるにせよ、
あれだけのビッククラブで、チーフとしてメディカルを管理するというのは、本当に凄いことです。


サッカー人としても、医者としても、色々な刺激をもらった一戦でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0