So-net無料ブログ作成
検索選択

株主優待券からの強迫 [医者の資産運用]

3年ほど前に、
「食費を浮かすために、レストランや飲食関係の株主優待券がもらえる銘柄を買おう」
と思い、飲食株を大量に保有していた時期がありました。
MAXで持っていた時期は、こんな感じ。

・吉野家    ⇒6000円/年(吉野家、はなまるうどん、ステーキのどん、すし三崎丸など)
・壱番屋    ⇒3000円/年(CoCo壱番屋)
・ゼンショー  ⇒12000円/年(すき家、ココス、なか卯、ビッグボーイなど)
・プレナス   ⇒2500円/年(ほっともっと、やよい軒)
・すかいらーく ⇒6500円/年(ガスト、バーミヤン、夢庵、ジョナサンなど)
・スターバックス⇒2000円/年


…正直、なかなか使い切れないですよ!
確かに自分が行く店だし、自宅近くに有る銘柄を買ったりもしたので使うっちゃ使うんですけど…
株主優待券を使うために食事をする、って感じになってきてしまうんですよね(笑)
しかもたまになくしてしまったり、期限が切れそうになって慌てて行ったり、とか。
って訳で、今年の優待権利を得た直後に殆どの銘柄を整理してしまいました。
ココイチやゼンショーは、株価もだいぶ伸びましたしね゜+.(・∀・).+゜


結局手元に残ったのは、吉野家とコメダ珈琲だけとなりました。
これで株主優待券を気にせずに、松屋やゆで太郎に入れるなぁ…などと思いつつ、
モスバーガーやケンタッキーに入った際、それらの銘柄の株主優待を調べている自分を省みて、

『まるで成長していない・・・(スラムダンク 安西先生より)』

などと思うのでした(笑)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0