So-net無料ブログ作成
検索選択

iPadのキーボードカバー [日記・雑感]

5年ほど前にiPadの第3世代を購入したのですが…
画面上でキーパッドを使って文字を打つというのに慣れず、
学会上で抄録アプリを使うのと、飛行機移動の機内くらいでしか使っていませんでした(^_^;)
その状況を打破しようと、キーボードカバーを購入してみました。



DSC_2130.JPG



今回購入したのは、LOGICOOL社のウルトラスリムキーボードカバー という商品。
第3世代用のものは公式サイトを見てみても、残念ながら新品は売っておりません。
まぁ、実用化できるかどうかも怪しかったので、とりあえず3000円の中古品をゲット。
厚みや重みは、持ち運びに全く支障をきたさないレベル。



DSC_2131.JPG



取り付け方法は、一般のiPad用カバーのようにマグネットで接着するタイプ。
開け閉めの動作により、スリープ機能にもバッチリ対応します。
ケースを外して、iPadを溝に立てかけることによって、ノートパソコンのように使えます。



DSC_2129.JPG



横から見ると、こんな感じですね。
かなり安定しているので、全く違和感なく使えます。
充電端子がMicroUSBであるところが、ちょっと残念なのですが…
一度充電すると、6ヶ月くらいは使えるらしいです(笑)



DSC_2132.JPG



Macbook air 13インチと比べると、こんな感じになります。
キーのサイズや打感は、11インチモデルと同じような感じでしょうか。
USモデルしかないので、JIS配列キーボードを使っている方は、少々違和感があるかもです。



DSC_2128.JPG



あとは、iOSとMac OSの環境の違いをどうやってカバーするかですね。
普段使いのPCブラウザやパスワード管理アプリ、スピードダイアルなどに慣れてしまっているので、
そのあたりの環境整備が大変でしたが…そこらへんをどれだけカバーできるかによって、
個人の満足度は変わってしまうのかな?と。


僕自身としては、まずまずの手応えでした。
外来診療や短期の学会出張などの時には、iPad+キーボードカバーだけで乗り切れそうな気もします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0