So-net無料ブログ作成
検索選択

手袋が勢力を拡大してきました [整形外科&スポーツ医科学]

以前より何度も繰り返してきた、スポーツ現場におけるメディカルスタッフと手袋のお話。
もう、Jリーグでも世界各国のリーグでも、サッカーの世界では当たり前のツールになっています。

⇒ http://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18
⇒ http://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2014-04-07

サッカードクターの間では、フェイスガードや防護衣を最初に着るようになるのは、
どこのどいつだという笑い話?もあるくらいですが…
先日、微妙な判定が問題になったボクシング村田選手の世界戦でも、
こんなシーンが有りました。


DSC_2194.JPG


格闘技のレフェリーは比較的早くからグローブを付けていた印象がありますが、
セコンドも当たり前のように手袋をする時代になったんですね!
もちろん、相手選手のセコンドもグローブ着用でございます。


DSC_2195.JPG


格闘技は特に出血の機会が多いので…
他のスポーツに比べて出血に対する防御策の意識は、一歩先を進んでいる印象がありますね。
選手自身の感染症のチェックが義務付けられている種目や団体も多く、
試合直前の検査で感染症が判明し、試合中止になったりカードが変更になるケースもあると聞きます。
スポーツ選手における感染症の確認という業務も、今後標準化していくのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。