So-net無料ブログ作成
検索選択

脳しんとう時の気道確保 [整形外科&スポーツ医科学]

先週末のJ1リーグ戦 川崎vs広島でフリーキックが選手を直撃し、
選手が意識を失うという出来事がありました。
(FKの場面は3分過ぎから)




この時に重要なのは、気道の確保。
意識がない状態で仰向けに寝ていると、首周囲の筋肉の力が抜けて、
舌根〜舌部が落ちてしまい、気道を塞いでしまうため、
それを防ぐために、頭を反らして気道を確保する(頭部後屈挙上法)のです。
⇒ http://www.gt-health.jp/data/06firstaid/kido.html


ただ、今回のように強烈な外傷であったり、頸部に何らかの外傷が与えられた場合、
頚椎の問題も否定出来ない場合があり、頸部を後屈させてしまうと損傷を増強するリスクも…
そんな時には、頸部を保護しながら行う方法(下顎挙上法)があるので、知っておくと良いでしょう。
その2つの方法の違いを解説してくれているHPを、下で紹介します。
⇒ http://www.hitachinaka-tokai.or.jp/firefighting/firstaid/662/


僕は基本的に、頸部の左右を両前腕で頚椎カラーのように固定しながら、
指先で下顎部を押し上げるようにするやり方で、頸部保護と気道確保を同時にやる方法が好きです。
スポーツ現場ではいつ何時、こういったシーンに出くわすかわかりませんので、
基本的な事柄ではありますが、現場に出るドクターはしっかりと身に付けておく必要がありますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。