So-net無料ブログ作成

手袋が勢力を拡大してきました [整形外科&スポーツ医科学]

以前より何度も繰り返してきた、スポーツ現場におけるメディカルスタッフと手袋のお話。
もう、Jリーグでも世界各国のリーグでも、サッカーの世界では当たり前のツールになっています。

⇒ http://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18
⇒ http://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2014-04-07

サッカードクターの間では、フェイスガードや防護衣を最初に着るようになるのは、
どこのどいつだという笑い話?もあるくらいですが…
先日、微妙な判定が問題になったボクシング村田選手の世界戦でも、
こんなシーンが有りました。


DSC_2194.JPG


格闘技のレフェリーは比較的早くからグローブを付けていた印象がありますが、
セコンドも当たり前のように手袋をする時代になったんですね!
もちろん、相手選手のセコンドもグローブ着用でございます。


DSC_2195.JPG


格闘技は特に出血の機会が多いので…
他のスポーツに比べて出血に対する防御策の意識は、一歩先を進んでいる印象がありますね。
選手自身の感染症のチェックが義務付けられている種目や団体も多く、
試合直前の検査で感染症が判明し、試合中止になったりカードが変更になるケースもあると聞きます。
スポーツ選手における感染症の確認という業務も、今後標準化していくのではないでしょうか。


香川選手からのメッセージ [サッカー]

先日のテストマッチで、左肩を脱臼してしまった香川選手。
あまり、典型的な脱臼の受傷肢位ではなかった気もするのですが…
残念ながら、代表も離脱となってしまいました。


そんな彼が先日自身のブログで、4月11日のバス爆破事件について語っています。
⇒ https://ameblo.jp/shinji-kagawa0317/entry-12276640521.html
あの事件の当事者として、プロサッカー選手として、一人の人間として。


爆弾テロ自体は日本人にとっては遠い世界で起きた、現実離れしたことではありますが、
過去と比較すると、間違いなく今の日本にも迫ってきているリスクです。
繰り返しにはなりますが、このような卑劣な事件が起きないよう、心より願っています。
スポーツや音楽が、心から楽しめるものであり続けられますように。


医師の年俸と時間外労働 [病院&医者の話]

先日、こんなニュースがありました。
「医師の残業代『含む』見直しへ」 上告審結審、7月判決


このニュースの背景は…
年俸制で契約を結んでいた医師が、時間外労働に対する報酬を求めた訴訟についてのもの。
この医師が、勤めていた病院を解雇?退職??になったのちに起こした訴訟のようです。


ポイントは
・雇用契約内容は週5日勤務、所定勤務時間は8時30分から17時30分(休憩1時間)
・年俸に含まれるものとして基本給、役付手当、職務手当、調整手当、賞与に月額を明示
・時間外手当に関しては明文で示しておらず、「時間外規定の定めによる」としている。
・時間外勤務は勤務日の21時〜翌日の8時30分まで、および休日に発生する緊急業務に要した時間
・通常業務の延長とみなされる時間外業務は、時間外手当の対象とならない
・所定勤務時間後の17時30分〜21時までの間の、診療や回診に対しては支払われていない
・年俸に『みなし残業』分が含まれていたかは定かではない
というところ。


看護師をはじめとした他の職種のスタッフとトラブルが多かったがゆえの退職とのことですので、
第一印象としては、医師個人の方にも少なからず何らかの問題があって、
病院側との話がこじれたがゆえに生まれた問題?という気もしないでもないのですが…
それはさておき医者が年俸契約をする際に、『みなし残業』の項目まで話し合って契約をする人は、
かなり少ないのではないかと思います。
時間外の仕事をするという立場からすると、それを別途評価してもらうという形のほうが、
スッキリとした気持ちで?良い気分で働けるというのが正直な所。
年俸制だと(言葉は悪いのですが)働いた分損しているという気になってしまいがちです。
ただ、時間外が青天井という病院よりも、ある程度の制限がある病院のほうが圧倒的に多く、
全てコミコミ年俸制だからといって、必ずしも悪いわけではないのですけれどね。


僕自身は給料を、基本給+時間外の形でもらったことも、年俸でもらったこともあります。
(完全出来高制という給与体系の施設で勤務した経験はありません)
今は年俸制なのですが…周囲から比べると、かなり良い環境と待遇を頂いているので、
時間外の業務に関しては何も考えることなく、まさに忠犬のように働いていましたし、
それでも全くストレスを感じることがありませんでした。
きっと、報酬と業務が良い感じで釣り合っていたのでしょう。


これは、医療を提供する側の人間にとっては理想の形ではありますし、
患者側にとっても、気力とモチベーションが充実している医者から医療を受けられるというのは、
凄くいい環境だと思います。
ただ、医師として自分の価値を正当に評価してもらい、それに見合った報酬を得る、
という、労使ともども理想的な雇用関係を構築するためには、
自分の報酬に見合った仕事量なのかを常に気にしていなくてはいけませんが・・・
それを評価する方法がないのはもちろん、そんなことを考える時間も暇もありません。
更に、それを考え出したら医者として後ろ指を指されるじゃないかな?という気もしています(笑)


ってわけで、前例のないこの訴訟に対する判決が気になります。
自分では言えないことを代弁してくれてるような感覚になってしまっているのかもしれませんね。


脳しんとう時の気道確保 [整形外科&スポーツ医科学]

先週末のJ1リーグ戦 川崎vs広島でフリーキックが選手を直撃し、
選手が意識を失うという出来事がありました。
(FKの場面は3分過ぎから)




この時に重要なのは、気道の確保。
意識がない状態で仰向けに寝ていると、首周囲の筋肉の力が抜けて、
舌根〜舌部が落ちてしまい、気道を塞いでしまうため、
それを防ぐために、頭を反らして気道を確保する(頭部後屈挙上法)のです。
⇒ http://www.gt-health.jp/data/06firstaid/kido.html


ただ、今回のように強烈な外傷であったり、頸部に何らかの外傷が与えられた場合、
頚椎の問題も否定出来ない場合があり、頸部を後屈させてしまうと損傷を増強するリスクも…
そんな時には、頸部を保護しながら行う方法(下顎挙上法)があるので、知っておくと良いでしょう。
その2つの方法の違いを解説してくれているHPを、下で紹介します。
⇒ http://www.hitachinaka-tokai.or.jp/firefighting/firstaid/662/


僕は基本的に、頸部の左右を両前腕で頚椎カラーのように固定しながら、
指先で下顎部を押し上げるようにするやり方で、頸部保護と気道確保を同時にやる方法が好きです。
スポーツ現場ではいつ何時、こういったシーンに出くわすかわかりませんので、
基本的な事柄ではありますが、現場に出るドクターはしっかりと身に付けておく必要がありますね。


スポーツドクターは海外でも大変? [整形外科&スポーツ医科学]

今日は、JOSKAS(日本スポーツ・膝・関節鏡学会)で札幌に来ています。
初日の今日、ドイツからいらした先生が『Sports Medicine my personal experience』
という講演をされ、ドイツのオリンピックチームを預かる立場としての経験を話してくれました。


その中で、スポーツドクター(Physician)として必要な要素を紹介してくれたのですが、
全科的な知識と専門性、競技への理解、アンチドーピングの知識、チームとの時間共有など、
至極当たり前のものが並んでいたスライドのいちばん下に、
「Financial Independence」という文字が!Σ( ̄□ ̄;)


日本でスポーツフィジシャンとして活動するために、経済的自由の必要性を感じてましたが、
海外のドクターでも、スポーツでメシを食うためには環境を自分で整えなくてはならないんですね!
その後、会場でばったりお会いした際に、どんな資産形成をやっているかという話を聞いてみたら、
「不動産や保険(年金?)だけど、一番大切なのは『Save your money』」
だそうです。


…さすがドイツ人、堅実な人柄?お国柄??でした。


本気で戦いを学ぶ?サッカーイングランド代表 [サッカー]

今日は、
「サッカーイングランド代表が軍隊のブートキャンプを体験した」
動画をご紹介。




うーん、かなりの本気度ですね!
ブートキャンププログラムのようなものなのでしょうか?
5人一組になっていろんなアスレチック的なものを協力しながらクリアしていき、
連帯感を高めるようなトレーニングをやっているのはよく見かけますが…
これはかなりガチな(サバイブ的な訓練?)の感じがします。


もともと球際の強さには定評のあるチームですが、これで更に強くなるのでしょうか??


Mac最速?のDICOM Viewer [病院&医者の話]

最近仕事で、医療用画像ファイル=DICOM を自分のPCで開く必要があり、
その環境を作るために四苦八苦しておりました。
メジャーなDICOMビューアは殆どがWindowsで動くものということを知り、
パラレルデスクトップ(WINDOWSをMac上で動かす) によるを環境作りを考えたのですが、
一手間かかるのがめんどくさくなってしまい…f^_^;


よく考えたら、そもそもMac対応のDICOM Viewerはないのか??
という当たり前の発想がすぐに思いつかなかったんですよね。
DICOM≒WINDOWSという固定観念があったため、かなりの遠回りをしてしまいました。
なにはともあれ、ようやく見つけたのがこちらのViewer!
⇒ OsiriX

「おしりックス」、「お尻エックス」と読んだ人は…自分の邪な心を省みましょう(笑)
正解は、「オザイリクス」でございます。
早速使ってみると動作もサクヌルだし、トラックパッドのマルチタッチ操作にも対応してるし、
個人的には十分満足できるソフトでした。
MacユーザーにはオススメできるDICOM Viewerですよ〜。


ちなみに、Tipsを紹介しているブログが2つあるので、合わせて紹介させて頂きます。

『医療関係者に贈るOsiriXの活用法』

『OsiriX HOW TO !!』


ちなみに、そもそもDICOM(ダイコム)とは…なんぞや?
という疑問も出てきたので、これを機に簡単に調べてみました。

【Wikiより】
Digital Imaging and COmmunications in Medicineの略で、
米国放射線学会 (ACR) と北米電子機器工業会 (NEMA) が開発した、
CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、
それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のこと


だそうです。
世界各国、ほぼ共通のファイル形式と考えて良さそうですね。
でも、病院で働いていると、
「他院のMRIをもってきたけど読み込めない」
事態にときおり遭遇しますよね。
それは、どういうことなんでしょうか??


【Wikiより】
実際にはメーカーによって画像フォーマットやテキストデータなどの扱いが異なる
(いわゆる「メーカー方言」が存在する)ことが多い。
そのために相互運用が行えないケースも多く、病院関係者から問題視されている


というのが、その答えのようです。
DICOM、名前は聞いたことがあるし使っているけどその本質は意外と知らないものですね。
勉強になりました・・・φ(..;)