So-net無料ブログ作成
検索選択

キスでドーピング検査が… [整形外科&スポーツ医科学]

先日、非常に興味深いニュースがありました。
「リオ五輪金の米国選手はドーピングで潔白と判明、原因は恋人とのキス」


いやー、情熱的にキスしちゃうとこうなるのか!非常に驚きです(笑)
プロベネシドは整形外科医にとって痛風の治療薬として有名なのですが、
特に競技力を上げるような成分が入っているわけではなく、
尿中に出る薬物をマスキングする効果があるということで禁止されている薬物なのです。


ちなみにこの選手、ドーピング騒ぎがありながらも全米陸上の400mで2位に入り、
見事世界選手権の出場権を獲得しているそうですよ。
…夏の世界陸上では注目の選手になりますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ