So-net無料ブログ作成
検索選択
整形外科&スポーツ医科学 ブログトップ
前の10件 | -

平成28年度 中学野球実態調査 [整形外科&スポーツ医科学]

先日、日本整形外科学会よりリリースがあった、中学野球の実態調査資料。
今年度版が発表され、こちらのHPから閲覧できます。
https://www.joa.or.jp/media/comment/index.html


サマリーとしては、
・肩/肘の痛みが発生する時期は、6〜8月に最も多い
・週に6日以上活動している選手が、7割を占める
 ⇒休養不足が懸念される
・全力投球数が1日70球/週300球を超えると、肩肘痛の発生割合が高まる
 ⇒これを超えないように心がけましょう
・全選手のうち79.4%の選手が、ストレッチを習慣的にやっている
・シーズンオフが2ヶ月以下しかないというチームは、約50%を占める
 ⇒特に関西以西が多い
・肘に痛みがあっても休まず投げた(41.1%)と、休んだ(45.1%)がほぼ同数
 ⇒痛みがあったら休みましょう
・6%強のチームが、整形外科医による検診や講習を受けている
・複数投手の重要性はかなり理解されているが、実際にできていないチームが多い


個人的な印象として、野球や柔道は無茶な練習を強いているという印象があったのですが、
野球においては、指導者や選手の障害予防という意識は高まってきていると思います。
整形外科医からすると、嬉しいことですね。


たくさんの資料がありますが、時間がない人は最後の2ページだけでも目を通してみて下さい。
学科からの提言やQ&Aがありますので、参考になると思います。
ただ、アンケート回収率は90%ですし、スパルタで厳しいチームの指導者ほど、
こういったものには非協力的な傾向がありますので…(笑)
現実はもう少し厳しい状況なのかもしれません。


キスでドーピング検査が… [整形外科&スポーツ医科学]

先日、非常に興味深いニュースがありました。
「リオ五輪金の米国選手はドーピングで潔白と判明、原因は恋人とのキス」


いやー、情熱的にキスしちゃうとこうなるのか!非常に驚きです(笑)
プロベネシドは整形外科医にとって痛風の治療薬として有名なのですが、
特に競技力を上げるような成分が入っているわけではなく、
尿中に出る薬物をマスキングする効果があるということで禁止されている薬物なのです。


ちなみにこの選手、ドーピング騒ぎがありながらも全米陸上の400mで2位に入り、
見事世界選手権の出場権を獲得しているそうですよ。
…夏の世界陸上では注目の選手になりますね。

整形外科領域外傷・障害と運動器エコー [整形外科&スポーツ医科学]

ここ数年、超音波検査(エコー)の進化は目を見張るものがあります。
僕も大学病院にいた時にエコーが導入され、恐る恐る当て始めてから早7年…
靱帯損傷や骨折、肉離れと言った外傷はもちろんのこと、
カラードプラーエコーを用いることで腱付着部炎やリウマチの診断はもちろん、
治療についてもかなり効果的に行うことができるようになりました。


最近では炎症における異常造成血管を意識して薬液を注入したり、
筋膜の層を描出して、そこに薬液を注入することで物理的に癒着をリリース(剥離)したりと、
化学的効果に加えて物理的な効果を狙った治療も始めているのですが、
その切れ味には少なからず驚かされております。
その結果・・・思わず個人でエコー機器を衝動買いしてしまう寸前まで行ってしまいました!
今回はなんとか避けられましたが、近い将来間違いなく購入に至るはずです(笑)


エコー機器も年々、解像度は高く、価格は安くなる一方です。
パワードプラーやエラストなどを用いることで、腫瘍の鑑別や組織修復の評価など、
更に拡大していく勢いなのは間違いありません。
少人数のセミナーやハンズオンイベントも、全国で多く開かれているんですよね〜。
ここ数年、自学自習の自己流でやりつづけていましたが、
そういったイベントへ久々に参加し、自知識をアップデートしたいと思っている今日このごろです。


しかし、そういった時節だからこそ、いつかリウマチの治療薬でもお話したとおり、
メーカーのコマーシャリズムに踊らされないように気をつけなくてはいけませんね。
いい加減な知識や適当な診察で四肢エコーの点数(350点)だけを稼ぐような診療をするのは、
患者に失礼なだけでなく、保険診療の面でも財政を逼迫し、
整形外科領域におけるエコーそのものの価値が毀損されかねません。
しっかりと地に足をつけて高いスキルを身につけ、良質な超音波エコー診療を提供したいですね!



スポーツドクターは海外でも大変? [整形外科&スポーツ医科学]

今日は、JOSKAS(日本スポーツ・膝・関節鏡学会)で札幌に来ています。
初日の今日、ドイツからいらした先生が『Sports Medicine my personal experience』
という講演をされ、ドイツのオリンピックチームを預かる立場としての経験を話してくれました。


その中で、スポーツドクター(Physician)として必要な要素を紹介してくれたのですが、
全科的な知識と専門性、競技への理解、アンチドーピングの知識、チームとの時間共有など、
至極当たり前のものが並んでいたスライドのいちばん下に、
「Financial Independence」という文字が!Σ( ̄□ ̄;)


日本でスポーツフィジシャンとして活動するために、経済的自由の必要性を感じてましたが、
海外のドクターでも、スポーツでメシを食うためには環境を自分で整えなくてはならないんですね!
その後、会場でばったりお会いした際に、どんな資産形成をやっているかという話を聞いてみたら、
「不動産や保険(年金?)だけど、一番大切なのは『Save your money』」
だそうです。


…さすがドイツ人、堅実な人柄?お国柄??でした。


脳しんとう時の気道確保 [整形外科&スポーツ医科学]

先週末のJ1リーグ戦 川崎vs広島でフリーキックが選手を直撃し、
選手が意識を失うという出来事がありました。
(FKの場面は3分過ぎから)




この時に重要なのは、気道の確保。
意識がない状態で仰向けに寝ていると、首周囲の筋肉の力が抜けて、
舌根〜舌部が落ちてしまい、気道を塞いでしまうため、
それを防ぐために、頭を反らして気道を確保する(頭部後屈挙上法)のです。
⇒ http://www.gt-health.jp/data/06firstaid/kido.html


ただ、今回のように強烈な外傷であったり、頸部に何らかの外傷が与えられた場合、
頚椎の問題も否定出来ない場合があり、頸部を後屈させてしまうと損傷を増強するリスクも…
そんな時には、頸部を保護しながら行う方法(下顎挙上法)があるので、知っておくと良いでしょう。
その2つの方法の違いを解説してくれているHPを、下で紹介します。
⇒ http://www.hitachinaka-tokai.or.jp/firefighting/firstaid/662/


僕は基本的に、頸部の左右を両前腕で頚椎カラーのように固定しながら、
指先で下顎部を押し上げるようにするやり方で、頸部保護と気道確保を同時にやる方法が好きです。
スポーツ現場ではいつ何時、こういったシーンに出くわすかわかりませんので、
基本的な事柄ではありますが、現場に出るドクターはしっかりと身に付けておく必要がありますね。


手袋が勢力を拡大してきました [整形外科&スポーツ医科学]

以前より何度も繰り返してきた、スポーツ現場におけるメディカルスタッフと手袋のお話。
もう、Jリーグでも世界各国のリーグでも、サッカーの世界では当たり前のツールになっています。

⇒ http://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18
⇒ http://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2014-04-07

サッカードクターの間では、フェイスガードや防護衣を最初に着るようになるのは、
どこのどいつだという笑い話?もあるくらいですが…
先日、微妙な判定が問題になったボクシング村田選手の世界戦でも、
こんなシーンが有りました。


DSC_2194.JPG


格闘技のレフェリーは比較的早くからグローブを付けていた印象がありますが、
セコンドも当たり前のように手袋をする時代になったんですね!
もちろん、相手選手のセコンドもグローブ着用でございます。


DSC_2195.JPG


格闘技は特に出血の機会が多いので…
他のスポーツに比べて出血に対する防御策の意識は、一歩先を進んでいる印象がありますね。
選手自身の感染症のチェックが義務付けられている種目や団体も多く、
試合直前の検査で感染症が判明し、試合中止になったりカードが変更になるケースもあると聞きます。
スポーツ選手における感染症の確認という業務も、今後標準化していくのではないでしょうか。


今日からJOA [整形外科&スポーツ医科学]

今日は平日ですが…昨日の夜から仙台へ遊びに…いや、学会に来ています。
JOA(日本整形外科学会学術総会)という、日本で一番大きい整形外科の学会が開かれるのです。


本当は先週バルセロナは「カンプ・ノウスタジアム」で開かれた( ̄TT ̄)!!
サッカーの国際学会にレジストも航空券&ホテルの手配も済ませてたのですが…
諸事情により早急に単位を取る必要がありまして、
いろいろな分野の単位が集中的に取れるJOA参戦に変更してしまいました。
まぁ、ナニハトモアレ、仙台といえば牛タンですね。


18527631_1367873309945941_1974068079849400281_n.jpg


学生時代にはじめて食べて感動した、「喜助」さんの牛タンを20年ぶりくらいに食べました。
相変わらずの美味しさだったのですが、牛タン専門店が全国に広がったせいか?
少し感動は薄れてしまった気がします(笑)


18519867_1367873353279270_1273894020180877147_n.jpg


そして、夜はDAZNでザスパクサツ群馬の試合をチェック…
やっていることが、自宅にいるときとあまり変わらない夜でした。


こちらは、6ポイントマッチをきっちり勝ちきっての今季2勝目!!
ここから先は、上しか見るものがないという状況ですから、
とにかく上を目指して1戦1戦を全力で戦っていきたいですね。


ってわけで、朝8時からのセッションの前に参加受付をしなくちゃいけませんので…
早めにホテルを出ようと思いますφ(-_-;)


パラアルペンスキー ナショナルチームサポート [整形外科&スポーツ医科学]

昨夏より、パラアルペンスキーナショナルチームのスタッフとして活動をすることになりました。
オフシーズンの体力測定、メディカルチェックから海外遠征にも帯同していくという、
年間を通した長い仕事になっております。


スキーだと健常者のNTにはチームドクターの帯同がない、という非常に寂しい状況にも関わらず、
障害者スポーツの世界ではスタッフに対する活動振興がかなり活発に行われており、
今回のミッションが実現することになりました。
管轄が厚生労働省から文部科学省に移管したというのも、
こういった活動振興が活発である一つの理由なのかもしれません。


昨年、障がい者スポーツ医の集中講義を受けた直後にジャパンパラ大会を見に行ったのですが、
(⇒記事はこちら)
八方尾根のレースコースで猪谷会長、大日方GM、選手たちからお誘いを受けて以来、
わずか3ヶ月弱という、自分でも驚くような展開の速さでこの仕事が現実に動き出しました。
冬季競技では五輪のようなイベントで、JOCが公式選手団に帯同ドクターを出す事はあるのですが、
なかなか種目別のチームで、いち競技団体が、一般の海外遠征にまで帯同ドクターを出すというのは、
非常に異例のことであり、前例も少ないように思います。
僕が知り得る限りでは、健常者のスピードスケートくらいでしょうか?



_20170101_065308.JPG



アルペンスキーが好きでナショナルチームのDr.になりたいと思い、整形外科医になりました。

アルペンスキーで一番の問題がACL損傷だったので、専門を膝の靭帯再建にしようと決めました。

スキー競技と前十字靱帯、どちらも深く学んだ結果、多くのスキー選手と関わることになりました。

彼らの治療実績やクチコミがあったから、デフリンピック帯同のオファーがありました。

デフリンピックに帯同したから、障がい者スポーツ医の資格の必要性を感じました。

資格研修でチェアスキーの授業を契機に興味を持ったから、ジャパンパラ大会に足を運びました。

ジャパラの現場に足を運んだからこそ様々な出会いがあり、今回のオファーを頂きました。



…ってわけで、何年か前の苗場W杯のドクターをやったときのブログに書いた通り、
自分がやりたいものに対して、その時点でできることをやり続けた事が、
こういった結果に繋がったのかとも思います。
最初から先を見て、事前にプランニングする努力方法との対極ではありますし、
決して計画的なものではなかったので、合理性という点ではあまり薦められないのですが…
こういうのもアリじゃないかな?と、思います(笑)



_20170101_065152.JPG



自分が選手をやってた時に憧れてた「JAPAN」のロゴを背負って、
医者として雪上の現場でサポート業務をできるということは、本当に嬉しいっすね!
SAJナショナルチームと背中のロゴが全く一緒というのも、お気に入りポイントですヾ(▽⌒*)




女子アスリートに関する豆知識 [整形外科&スポーツ医科学]

先日、Yahoo!ニュースで面白い記事がありました。
女子選手に特有のコンディションの変化とケガ対策(1)
女子選手に特有のコンディションの変化とケガ対策(2)


女性特有の月経周期との問題や、骨格・軟部組織の問題などが書かれています。
医療者として、病院で接する際にはあまり意識することはないのですが、
チームに入ってコンディショニング管理に携わると、かなり気にしなくてはいけない要素ですね。


スポーツに携わる医療者に加え、現場の指導者の皆さんはもちろんのこと、
女性競技者自身にも読んで欲しい記事です。
この分野は体協や日整会のスポーツドクターの講義なんかでもそれ程時間は割かれておらず、
僕も臨床スポーツ医学会でたまにシンポジウムを聞く程度で、知らないことが多く…(^_^;)
今後、どんどん進歩していく分野ではないかと思います。



Jリーガーのドーピング問題 [整形外科&スポーツ医科学]

先日、サンフレッチェ広島の選手が、メチルヘキサンアミンという興奮剤の検出を受け、
暫定競技資格停止処置を受けたというニュースがありました。
そして先日、その処分が解除されたという知らせが…
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/22/kiji/20161222s00002000262000c.html

一般的には、ドーピングという問題が非常に厳しく扱われるようになっており、
こういった違反だと、長期にわたる競技者資格停止処分が降されるというイメージがあると思います。
今回のニュースはそれに逆行しているイメージがありますが、どういった理由があるのでしょうか?


ひとまず、このニュースを読む時に理解しなくてはならないことが、
メチルヘキサンアミンは禁止薬物ではあるが、「特定物質」とされていること、です。
特定物質とは…
・医薬品として広く市販されているため不注意でドーピング規則違反を起こし易い薬物
・ドーピング物質としては比較的濫用されることの少ない薬物
と、世界ドーピング防止規程にて定義されており、特定物質を含むドーピング違反では、
「この種の特定物質の使用が競技力向上を目的としたものではないことを競技者が証明できる場合」
には、制裁処置が軽減されることがあります。


ニュースにもある通り(国内か海外かはわかりませんが)サプリメントによる摂取と思われます。
チームは製造元に確認をした上で内服をしていたようなので、
競技力向上を目的に隠れて使用していたようなケースではないと考えられます。
そういった事情が認められ、このような結果になったのではないでしょうか?
海外のメーカーはもとより、国内のメーカーでもこのあたりの管理が甘い事例は、たくさんあります。
そんなわけで、僕自身はアスリートからサプリメント服用の可否について意見を求められた場合、
国内製品ならJADAマーク、海外製品ならTSPやBSCGマークがついているもの以外は、
なかなかOKを出すことができません(^_^;)


まぁ、これらのマークを取るためのプロセスでかなりのお金や時間・手間がかかるので、
中小企業は色々と大変だったり、新規参入の障壁が高いという事情もあるらしく、
このシステムに関しては思うところもあるのですが…
色々なトラブルを避けるためには、これらのマークを判断基準とするしかない!
というのが現状ですね。



前の10件 | - 整形外科&スポーツ医科学 ブログトップ