So-net無料ブログ作成

ろば清さん [医者の資産運用]

資産運用や不動産投資のバイブルとして、世界中で読まれているこの一冊。


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2013/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




今週、この本の著者であるロバート・キヨサキさんが来日されてました。
出版記念サイン会に加え、講演会なども手広くやっていたようで…
SNSを見ていると、僕の周囲でも参加していた人々が多かったようです。


講演の内容としては(ホントか嘘かはわかりませんが)、
大量の不動産や油田、金などを持っている一方、
暴落に備えて有価証券などは持っていない?とお聞きしました。
まぁ、たかだか講演会で真実を包み隠さず話すわけがないので、実際はどうなんでしょう??
しかも、最近のこの人はネットワークビジネス系の匂いがするんで…(笑)


この本に書いてあることは非常に勉強になりますし、間違ってはいません。
そのとっかかりとして不動産投資を積極的に薦めていることも、
リスク/ベネフィットを考慮すると、サラリーマンには受け入れやすいでしょうね。
ただ、この人はアメリカの不動産システムの中で財を成した人です。
アメリカと日本の不動産の違いを理解しておかないと、
今の日本における不動産市況の中では、間違いなく大ケガ&一発退場となってしまいます。


その違いにおけるポイントとしては、
アメリカでは築年数や構造に関わらず、不動産価値は安定して評価されている!
ということです。
実需としても築40年を超えるような家屋にリフォームを入れて住んでいる人が多く、
築古の不動産物件も価格が下がりにくいと言われているのに対し、
日本では古くなればなるほどその価値は落ちていきますので、
金融機関の評価(融資)が付けにくくなり、売値も下がってしまいます。


また、不動産に対する融資の方式も大きく異なります。
アメリカはノンリコースローン方式なので、借金を返せないような事態になると、
不動産物件を金融機関が取り上げ、それを競売等で売却した上で、
更に残債が残っている場合には金融機関が負債として処理する形になります。
一方日本では個人や法人の信用を加味した評価により融資がなされるため、
収益性のない不動産物件を掴んでパンクしてしまった場合には、
その物件を売って更に残債が残っている場合には、
借りた人間にその残債を返済する義務だけが残ってしまうということになります。


この2つの(非常に表面的な)要素を見るだけでも、
アメリカと日本の不動産投資を同等のリスクで語ることはできないですよね。
少なくとも日本で今この時期に、不動産投資へ参入するというのはかなりの賭けです。
個人的には、金利1%で耐用年数内かつ20年以上の融資を引けたとしても、

・総購入費(諸経費&税金込)に対する営業純収益(NOI)5%以上
・購入価格が積算価格の7〜8割以下
・土地価格が30〜40%くらいになるような、良い立地

あたりの条件を満たさないものは、投資としてリスクが高いと思いますね。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

浦和 vs 上海上港 アジアチャンピオンズリーグ準決勝2nd Leg [サッカー]

久々に魂のこもった戦いを見たなぁ…ってのがこの試合の一番の感想でした。
個人的にはちょうど10年前、2007年ACL準決勝の城南一和戦を思い出すような、
第3者が見ていても心を動かされるような試合だった気がします。


結果から言うと、前半開始早々の先制点を守りきってのウノゼロ勝利。
リーグ戦ではちょこちょこ失点を繰り返している浦和のイメージとは真逆の試合。
一番の殊勲はDFラインでしたね。
中でも、槙野、阿部の両選手の1対1は熱かったです。
フッキ、オスカルの超絶外国人を軸にした相手の攻撃は凄かったけど、
守り一辺倒になることなく鋭いカウンターを繰り出していたせいか?
支配率やスコアほど、「耐える展開」という感じではなかったです。


そして、冒頭でも述べたとおり埼玉スタジアムの雰囲気は最高でした。
久々にレッズサポーターの「殺気」を感じられる試合を見た気がします。
ちなみに・・・ファイナルはサウジのアル・ヒラルが相手となりました。
第一戦がAway、第二戦がHome、しかも土曜日開催!と、集客も期待される日程。
11月25日がちょっと楽しみになってきました。


クラブには今日以上の良い準備と、熱い戦いを。
そしてサポーターには今日以上に熱量のある圧力を期待しています。
日本勢の代表として、ACLチャンピオンのタイトルを勝ち取って欲しいですね!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ワインの格付け? [日記・雑感]

先日、お祝い事にてすごーく価値の高いワインを頂く機会がありました。
(シャトー・マルゴーの1987年もの)
最近は不思議と、良いワインに縁があるんですよね、
普段はこんなものを飲む機会がないので、かなり緊張感のある食事でした。


IMG_0480.JPG


海外のドクターや偉い先生方はワインに詳しい方が多く、
自分も勉強したいなぁ、と、思う機会は多々あるのですが、
何しろコストの掛かる勉強なもので…
なかなかハマることができずにおります(笑)


とりあえず、このワインを頂いたのを契機に、
ワインの格付けというものを調べてみました。
まずは国ごとに大まかな3つのクラスに分けられているというのが基本で、
フランスは地方によって更に格付けが細分化されており、
例えばボルドーでは生産者、ブルゴーニュでは畑により、
ランクが決まってくるようです。
⇒ http://www.komusume-wine.net/cat/post_22.html


なるほど。
ワインに詳しい方は、このあたりの情報をよく知っているのですね。
今度からフランスのワインを飲むときには、
生産者と畑のランクあたりは気にするようにしてみようと思います。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロシアW杯 北中米最終予選 [サッカー]

今週は世界中でW杯の最終予選やプレーオフやらのクライマックスを迎えていました。
個人的に一番衝撃的だったのが、アメリカの予選落ち!
最下位のトリニダード・トバゴから勝ち点1さえ奪えば本大会出場…
という有利な状況から、まさかの敗戦。
結果、パナマとホンジュラスに逆転されてしまいました(#+_+)
⇒ https://web.gekisaka.jp/news/detail/?228169-228169-fl


この最終節で、パナマはグループ2位のコスタリカから逆転勝利をもぎ取ったのですが、
その同点ゴールが論議を醸しております。




…微妙です(笑)
これは一悶着あるかもしれませんなぁ。
日本も今回の最終予選、明らかなゴールをノーゴールと判断されたケースがありました。
こういった騒動は、ゴールラインテクノロジーの一般化を加速させそうですね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロボアドバイザー投資 [医者の資産運用]

半年前から「ロボアドバイザー」による積み立てをはじめました。
これは、顧客が自身の資産、収入、目的、目標などを入力すると、
米国や日欧、新興国のETFおよび米国債券、金、不動産と言った各種商品から、
(今流行の)AIが運用方針やポートフォリオを組んでくれるというもの。
まとまった金額を預けておくのも良し、積み立てとして使うも良しという感じです。


幾つかメジャーな商品があるのですが、僕はWealthNaviを使っており、
個人としては日本株(+REIT)、米国株、保険、不動産に続く投資分野になります。
今まで投資信託として持っていた資金+毎月の積立を、ロボアドバイザーに振り替えました。
変更理由は運用実績と手数料の観点からの評価、というのは当然の事ですが、
金融アルゴリズムを使った分析から発注やリバランスを自動的にやってくれるため、
とにかく手間暇がかからないということもかなりのメリットです。


今日は無料診断サイトの写真を使って、僕個人のポートフォリオもお見せします。
このポートフォリオは、5段階のリスクレベルのうち、一番リスクの高い構成です。
500万円というのは無料診断のデフォルト設定金額なので、
残念ながらリアルな数字では無いんですけどね(笑)


スクリーンショット 2017-10-06 12.25.50.png


このポートフォリオにおける半年間のざっくりとした運用実績が、
ドル建てで+9%強、円建てて+5%強となります。
何も考えずに自動積立、複利運用をしてくれてこの利回りが出るのであれば、
年率1%の管理料(購入&為替手数料無料)も許容できるかな?と


他にもTHEOや楽天証券など、様々な商品が出ているロボアドバイザー投資。
時間と手間、専門知識をお金で買うという考えを許容できる人には、
選択肢の1つとしてオススメかもしれませんね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

膝窩動脈捕捉症候群 [整形外科&スポーツ医科学]

久々に?真面目なスポーツ整形外科学のお話…
最近、偶然に2つの異なる雑誌で『膝窩動脈捕捉症候群』の記事を読みました。
スポーツ選手には多い疾患なので、その可能性を意識して診察しておかなくては!とゆう、
自分の備忘録を兼ねた記事になります。



膝窩動脈捕捉症候群は基本的に、スポーツを行う30代以下の男性に多い疾患です。
腓腹筋を中心とした、下腿の筋強度負荷が強いアスリートに好発するようですね。
間欠性跛行(歩いていると、だんだん足がしびれて歩けなくなる)、
または下腿〜足部の疼痛あたりを主訴として来院することが多く、
足関節の背屈動作にて症状が増強、底屈動作にて軽減〜消失します。
また、原因不明の下腿浮腫が初発症状のケースもあるそうですよ!


膝窩動脈の走行異常+腓腹筋内側頭(または周囲の異常筋膜)による、
血管の圧迫が主な原因とされています。
もともとの血管走行異常に、腓腹筋の肥大や異常筋膜・腱膜あたりの圧迫が合併すると、
症状が出やすい?ということなのでしょう。
膝窩動脈の走行異常では膝窩筋の深層を走るパターンも有名なのですが、
それについては特に、原因としての記載はありませんでした…(^_^;)


スクリーンショット 2017-10-02 0.39.59.png
【末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン より転載】


足関節肢位の違いによるドプラー音やエコーによる血流変化を確認することや、
造影CTによる腓腹筋内側頭による血管の偏位や、血管周囲の異常軟部組織を確認することが、
診断として非常に有用な検査とのことです。
あとは、両側例が多いというのも診断のヒントになるかもしれません。


治療としては腓腹筋を始めとした軟部組織の切離が挙げられますが、
経皮的血管形成術は…軟部による圧迫が解除されない限り再発のリスクが高く、禁忌のようです。
動脈の狭窄や閉塞と言った2次性変化を起こしているケースでは、バイパス術の適応です。



ちなみに、追加で読んでおいてほしいのが、前述した図が記載されているこちらの資料。
⇒ http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2015_miyata_h.pdf
心臓血管系の各専門学会が合同で作った診断治療ガイドラインがあり、
77ページからこの疾患の記載があります。


…最初からこれだけ貼り付けとけば良かったりして(笑)
でも、間欠性跛行や下腿の浮腫というのは、外来でもしばしば見る機会がある症状。
若年者がこのような訴えで来院すると色々な疾患を鑑別するのが普通ではありますが、
特にスポーツ整形外来をやっている医者は、頭の片隅に入れておくべき疾患だと感じました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

臨床研修病院の格付け=マッチングの人気? [病院&医者の話]

僕は平成13年卒ということで、初期研修プログラムを受けていない年代です。
なので、今の医師が必ず通る初期臨床研修先を決める「マッチング」を経験してないのですが…
今の医学生にとっては、国家試験と並んで自分の人生を左右する選択になっているようですね。
ちなみに、マッチングシステムの概略はこちらをどうぞ。
⇒ https://resident.mynavi.jp/conts/matching/02/


マッチングシステムは医学生側が「希望する病院」、病院側が「希望する人」をそれぞれ選択し、
その双方が合致したら、その病院での就職(研修)が決まるというものです。
病院側は見学や選考試験に来た学生の中から「希望する人」を順位付けしてリストに載せ、
医学生側は自分が行きたい「希望する病院」を順位付けすることで、
相思相愛度が高い順に研修先が決まっていきます。
ですので、人がいない僻地の病院に(医学生側が希望しない限り)飛ばされることはありませんし、
病院側がNGを出した医学生は、試験の成績が良かったとしてもそこに就職するのは難しいです。


つい最近、2017年度の医師臨床研修マッチング中間公表の結果を見る機会がありました。
細かい数字やデータはこちらを⇒ https://www.jrmp.jp/
ちなみに、そのざっくりとした結果がランキングになっており、
希望人数によるマッチングのランキング?は以下のようになります。


<一般病院>
①聖路加国際 ②武蔵野赤十字 ③亀田総合 ④関東労災 ④虎ノ門 ⑥獨協大学越谷付属
⑦日本赤十字医療センター ⑧名古屋第二赤十字 ⑨国際医療研究センター ⑩横浜市立市民
<大学病院>
①東京医科歯科 ②東京 ③杏林 ④和歌山県立医科 ⑤京都
⑥大阪医科 ⑦奈良県立医科 ⑧大阪市立 ⑨筑波 ⑩兵庫医科

こうして見ると、ブランド力だけでなく、臨床研修の内容もかなり影響を受けているのでしょうか?
近畿地区なんかはいわゆるブランド病院が都内に比べて少ないので、
京阪周辺の大学に流れる人が多いのかもしれませんね。
1回目のマッチングで絶対に決めたいということで、妥協している人もいるでしょうし…
自分の地元や居住地のランキングも見てみましたが、
整形外科医としての目線からの評価と、臨床研修病院の格付けが相関していない気がします。
メジャー系の科目を重視するのでしょうから、当たり前かもしれませんが。


うーん、自分が体験をしていないので、このあたりの空気感が読めないです(*-゛-)
1つ言えるのは自分の頃よりも進路面での「悩みどころ」が、確実に一つ増えているということ。
医学生の皆さん、頑張ってください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

新しいPK戦 [サッカー]

先日、U-16女子アジア選手権の準決勝を見ていたのですが…
PK戦の方法が変わっていたことに気づきました!


従来のPK戦はA⇒B⇒A⇒B⇒A⇒…と、先行後攻が決まっていたのですが、
新しい方式はA⇒B⇒B⇒A⇒A…と、1回毎に先行後攻が入れ替わるシステム。
先行の勝率が60〜90%というデータがあるくらい先行が有利なPK戦の改善?
を狙ったものらしいです。
テニスのタイブレークと同じシステムですね!


見ている方からすると最初は違和感があったのですが、選手はどう感じたんだろう?
おそらくテストケースとして行われていたと思うのですが…そのうち採用されそうな感じでした。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

夢で逢えたら OP [日記・雑感]

今日、たまたまネットで見つけたこのページ。
オシャレ感が半端ない!『夢で逢えたら』歴代OP映像
えらく懐かしかったです。


皆さん、今の芸風や立ち位置と全く違っていましたが…面白かった番組でしたね。
野沢直子が抜け、諸般の事情?により番組が終了するまで、毎週のように見続けておりました。
みどりちゃんときみどりちゃん、ナニワの浴衣兄弟、ちちくりマンボといったショートコントから、
いまどき下町物語に代表される連載物のシチュエーションコントまで、
当時のお笑いとはまた少し違った雰囲気の番組だったことを、子供心にも感じていました。


ちょうど僕が中学生になるかならないかの頃…
土曜の夜はねるとん紅鯨団から夢で逢えたらまでの時間帯は、
フジテレビ(長野放送)というのが僕の定番でした。
そして、ねるとんはMIZUNO、夢で逢えたらはPanasonicが独占でCMを打ってたんで、
毎週見ているうちに、もろにCMの影響を受けていましたね(笑)
陸上部に所属していた僕は当然のようにMIZUNOのスパイクを履き、
PanasonicのCDラジカセを使って、お気に入りの曲を「テープにダビング」していたのでした。


…ええ、当然CDラジカセはRX-DT99でしたよ!⇒画像はこちら
40代の人なら、絶対ノスタルジーを感じてくれるとともに、
コブラトップとか、(他社ですけど)ドデカホーンなどのKey wordsは耳にしてるのでは!?
ちなみにこの頃のラジカセって『バブルラジカセ』って呼ばれてて、
今でもマニアには人気あるらしいというのを、この記事を書いてて初めて知りました。
実家にまだ置きっぱなしかもしれないんで、今度探してみようf^_^;

バブルの終末期ともかぶる、古き良き時代の小ネタでした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

日経平均のおかげ? [医者の資産運用]

さて、今日は日本株のお話。
僕が株式投資を始めたのは2012年の末あたりでした。
そのころから(ここ5年間)の日経平均を見ると、下の図のような感じ…


スクリーンショット 2017-09-12 18.45.01.png


まぁ、基本的に上昇相場だったわけです。
この期間における年間パフォーマンス(利益確定した分だけ)は、

2013年: +7.12%
2014年: −1.39%
2015年: +9.76%
2016年: +5.54%
2017年: +10.07%(8月31日まで 保有株含み益は買い付け額の20%弱)

という感じなので、まぁまぁ日経平均とシンクロしている印象ですね。
配当が3%を超えるものは+30%で利益確定、−15%で損切り
配当がそれ以下のものは+50%で利益確定、−25%で損切り
という基本ルールに従い、中長期保有を前提に銘柄を選んでいるので、
当然っちゃ当然なんですが。


昨年末、この相関に気づいたことで、今まで勝っていたのは僕の知識やテクニックではなく、
「上昇している相場に助けられていただけ」
という事実を、最近強く感じるようになりました。
って訳で、特に最近は北朝鮮問題という地政学的リスクが大きくなってきたことも考慮して、
含み益も合わせた日本株の総額40%程度を目標に、粛々と現金化を進めています。
(今日も2銘柄の利益確定を済ませた所です)


四季報を読み込むわけでもない、IRをつぶさに見るわけでもない、一介の素人ですから…
利益を得ることより、損失を最小限で抑える防御策の方を優先しておこうと思います。
大きく勝てなくとも、大きく負けなければ良いというイメージでしょうか?


なーんて格好の良さげなことを言いつつ…
売ってしまった後の銘柄をいつまでも監視している小市民です(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ