So-net無料ブログ作成

とある医師へのインタビュー【確定申告編】 [医者の資産運用]

今日は、とある医師へのインタビューを掲載します。
今後ちょくちょく、色んな分野でこのシリーズやってく?かも。
ひとまず第一回は、確定申告編…


Q 医師になってからの確定申告は、すべて独力で?
はい、研修医の最初の年から17回、全て自分でやっております。




Q なぜ自分でやっているのですか?
申告時には源泉徴収票と各種保険などを確認する程度の作業で済むもので… そこに税理士などのコストを掛ける必要は全く無いと思っております。



Q 株をはじめとした有価証券はどう扱っているのですか?
まだ株でマイナスの損益を出したことがありませんので、すべて分離課税としています。自分の投資スタイルとしてあまり大損することは考えにくいのですが…そのようなことが起きた際には、その年のみ総合課税として確定申告すると思います。


Q 講演、スポーツ帯同、不動産関連、各種ビジネスの収入はどうしていますか?
講演やスポーツ帯同からの収入は雑収入になりますので、そこに経費を使うことも可能ですが…実際には交通費が支給されることがほとんどですので、経費を申請したことはありません。 不動産関連や各種ビジネスは全て法人で行っているため、当然申告は法人の決算と合わせて行う形となります。こちらに関しては税理士の先生と契約し、各種作業をお願いしています。



Q 確定申告に関連して、税務署の調査やペナルティを受けたことがありますか?
特にありません。今はもう時効なので書いてしまいますが…申告から3年後に5万5000円の源泉徴収票が医局の机のクリアファイルから出てきて、そのまま放置してしまったことがあります。12年ほど前の出来事でしょうか。



Q 確定申告の際に気にしている数字は?
その年の年収額はもちろんですが、税金や控除による不可算所得がどの程度あり、それに対してどの程度資産が残っているのか。という所ですね。浪費や無駄遣いのチェックになるもので。



Q 若いドクターに一言お願いします。
自分も若い頃は年収の金額=申告書の左上の金額を増やす事だけを気にして一喜一憂?していたのですが、社会保険料や保険などの各種控除(左下)や税金(右上)といった部分も気にしてみることですね。控除や税金のコントロールに興味が出ると、色々なファイナンシャルリテラシーが身につくと思いますし、自分がどれだけ無慈悲に搾取されているのかがよくわかります(笑)



なんて記事を書いてみましたが…
申告期限は明日ですね〜。
もうちょっと早く書けばよかったですf^_^;



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

平昌パラリンピック開幕! [スキー]

今週末から、平昌パラリンピックが開幕しました。
アイスホッケー、スキー、スノーボードなど、
様々な競技において日本選手団が戦っております。


僕自身も去年からアルペンスキーチームのサポートに入り、
世界選手権やW杯で、彼らの戦いっぷりを見続けてきました。
初日のダウンヒルで男子は大輝、女子は桃佳がそれぞれ銀メダルを取りましたが、
本気で金メダルを目指している人間が集まっていた集団なので、
まだまだ満足しているはずはありません f^_^;


結果が全てではない、という考えもあるでしょうが、
彼らの努力を見続けてきたからこそ…
絶対に金メダルを獲って欲しいという気持ちになりますね。


NHKでデイリーハイライトをやってますので是非ご覧になって頂き、
パラスポーツに興味を持ってもらえばなぁ、と思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

現金やクレジットカードがなくとも… [日記・雑感]

先日の、2泊3日北海道出張での出来事。
なんと、自宅に財布を忘れてしまいました。
その事実に気づいたのは、すでに駅の駐車場に到着した時 f^_^;


取りに戻ると飛行機には間に合わない。
とはいえ、iPhoneで乗り物には乗れるしなぁ…
ってわけで、そのまま財布をあきらめ、病院に向かいました。

最寄り駅から在来線と新幹線、羽田空港まではモバイルSuica。
ここは毎回、スーパーモバトクを使っています。
通常自由席で4410円の新幹線区間が、指定席に乗れて3560円と、値段もお得!
当然帰りもこれを使うため、電車移動は財布なしでも全く問題ありません。


飛行機は行きがANA、帰りがJALなのですが、
こちらも全てiPhone内の各航空会社アプリで完結します。
むしろ、直前まで前方や足元の広い席を狙うことができるので、
ケータイの方が取り回しやすい印象。
行き帰りの道中で何か買いたくなったとしても、
JR駅や空港は100%モバイルSuicaやApple payが対応しています。
ってわけで、病院までは無事につくことができました。


宿泊ホテルは予約サイトから支払いをWeb上でクレジットカードに変更して、
自分で記憶していたカード番号とセキュリティコードをPCから入力しました。
ここまではクリアしたものの、流石に夜の飲み代だけはどうにもならず(#+_+)
先輩に現金をお借りしようとしたら、幸運にも奢って頂くことに。
結果、プラス収支?で終わることができました。
まさに塞翁が馬とはこのことですね。


この利便性を享受したのとタイミングを同じくして、
「医師のキャリア革命 オンラインサロン」
でこれに関連したスレッドがあったのですが、
やはり電子マネーは利便性、還元性ともに非常に高いことを再確認しました。
ただ、その裏側にはラテマネーのような無駄な支出が生じる可能性もあります。
同時に、それを防ぐ意識もしっかりと持たなくてはいけませんね。



ちなみに、おごって頂いた方にはこれを手土産として持っていく予定…
⇒ 銀座若菜「とうふ味噌漬」
お酒にもワインにもご飯にも合わせられる一品かと。
常温で持ち運びが楽な事もあり、羽田空港のお土産としてはお気に入りの一品です。



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

某五輪〜パラにおけるスタッフ募集? [整形外科&スポーツ医科学]

今日は、友人から紹介を頂いたお話をご紹介。
JADA(日本アンチドーピング委員会)にこんなサイトがあります。
⇒ 国際総合大会ドーピング・コントロール・オフィサー(DCO)募集サイト


大会に関しては何かとぼかされていますが…
まぁ、2020年7月から9月って言うことは、
東京開催される、最近マスコットが決まった「あれ」でしょうね(笑)
こんなページもあるので
⇒ http://www.playtruejapan.org/info/20180227/
はっきりと書いてしまいますが、東京オリパラのDCO募集ってことです。


DCOとは、ドーピング検査を取り仕切る立場の人間です。
検査の準備をし、対象者の選別やピックアップを行い、
採取検体を封印し、各種書類を作成し、検査の撤収業務を行うという感じ。
僕らも、非常にお世話になっている?立場の方々です。
ちなみに日給は交通費+14000円だそうです。


必ずしも参加できるわけではなさそうですが…
何らかの形で東京オリパラに関わりたい医師の皆さんは、応募してみては如何でしょうか?
ご興味のある方がいらっしゃったら、是非!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

寒暖差攻略作戦 [病院&医者の話]

この半年ほど、群馬と北海道の2箇所で勤務するという生活を続けているのですが、
冬になって特に、気候の違いによる寒暖差で服装に悩まされています。
ときには、群馬は+7℃なのに北海道は-20℃ということも…
とはいえ、極寒仕様の服装や靴で群馬から都内に行くときには、
いろいろな意味で大変になってしまいます(・ω・;)


最初は、羽田空港や東京駅近辺にコインロッカーを借りることや、
コート預かりサービスを利用してみようかとも思いましたが、
いずれも200〜300円/Dayのコストがかかってしまうということがネック。
毎週1000円の出費というのは、えらく無駄な気がします。


色々なシミュレーションや実体験を繰り返した結果、
空港⇔病院間の移動では、殆ど外気や雪に晒されないということが判明したため、
「季節を先取りした北海道仕様の服や靴を、病院のロッカーに常備させておく」
ということでなんとか対応することができました。
季節に一度、小さなキャリーを携行して荷物を行き来させれば、
季節ごとの対応も可能ですしね。


気候の異なる地域での勤務というのは、移動距離や時間以外にも、
現地生活に対応する服装、という障壁も存在するということに気づいた今日このごろです。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

日常業務から礼節を尽くす [病院&医者の話]

自分自身が医療現場で日々仕事を進めていくにあたり、
ここ3年くらい持ち続けている(なかなか達成しきれていない?)目標があります。
それは表題のとおり、日常業務の会話において、
「礼を尽くし、謝意をきちんと伝える」
のを徹底する、ということ。


外科医であれば、例えば手術前後には手術室のナースや麻酔科医に、
「お願いします」「ありがとうございました」
という言葉は、ほぼ100%の人間が口に出していることだと思うのですが…

・採血オーダーを出し、その結果を看護師さんから報告してもらった
・レントゲン技師さんが入院患者さんのレントゲン写真を撮像してくれた
・外来で患者さんの膝に注射する薬剤を看護師さんに準備してもらった
・署名/作成が必要な患者さんの各種書類を事務さんが医局や外来ブースに届けてくれた

などなど、日々当たり前にやっている病棟や外来の業務は、
かなりの部分を周りにお膳立てしてもらった上で、
医師は最終確認や追加指示を出すだけで物事が進んでいるにもかかわらず、
『また仕事が増えた…』
というネガティブな気持ちや、毎日繰り返されていることであるが故に、
仕事を依頼するときや、仕事が完了した時に、
「お願いします」「ありがとうございました」
という基本の一言が、欠落していることが多いですね。


それに気づいて以降、しばらく周囲の医師たちを観察していると、
そういった振る舞いができている人の方が少ないことが分かりました。
自分もほぼ同時期にスポーツの仕事で色々な方と触れ合う機会が増えたり、
ビジネスの世界で多職種の方々と絡む機会が増えた際にも、
社会的常識だけでなく、基本的なコミュニケーションを改めなければな、
と、思わされることが多々ありました。


以来、普段のバカ話は楽しく、フランクにする一方で、
仕事面に関しては礼節を尽くした一言の御礼を、
というON/OFFの切り替えを心がけているのですが、
なかなか100%の達成率とは行かず、反省するということの繰り返しです。
若いドクターでも、病院の中では地位が高く、代えの効かない
「医師」
という職種として、周囲から持ち上げられて過ごしている人が大半と思います。
自分もその事実に気づいたのは10年目を過ぎてのことでしたし、
その感覚のまま40代を迎えて病院から外の世界に出ると、
ただただ自分が損をするだけです。


そうならないためにも…
まずは日々の業務における何気ない会話からだけでも良いので、
相手に対する感謝の気持ちを伝えることから始めてみては如何でしょうか。

コメディカルや事務さんからの評価も上がり、
公私共々、色々と動きやすくなると思いますよ( ̄ー ̄)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

おつかれさん [s-podアスリートサポート]

本日は、平昌五輪女子スキーハーフパイプ競技のファイナル。
サポートアスリートから唯一五輪へ出場を果たした、小野塚彩那が出場しました。

結果としては、残念ながら5位。
メダルを争った選手たちと比較すると、演技構成の難易度で劣っていることと、
技のクリーンさとグラブなどの付加価値で勝負する形であったこともあり、
苦戦は予想していましたが…
世界のレベルが上がっていることを感じさせられる試合となりました。


とはいえ、彼女がソチで取った銅メダルの価値が落ちるわけではありませんし、
世界選手権チャンピオンという肩書きも変わりません。
フリースタイルスキーを日本でメジャーにした功績も偉大なものだと思います。
転向してからの6年間、本当にお疲れ様でした。


また、彼女から僕自身が医療者として経験させてもらったこともたくさんありました。
彩那には、感謝の言葉を尽くしても尽くしきれないですね。
本当に心からのありがとうを伝えたい気持ちでいます。
シーズンが終わったら、ゆっくりとお疲れさん会をやりましょう( ̄ー ̄)/C□



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

関節鏡技術認定医の審査結果 [整形外科&スポーツ医科学]

そういえば、色々と紆余曲折あったものの、
結局、今年度申請をしたJOSKASの関節鏡技術認定医
1月の遠征から帰ってきたら、1月19日付で通知が来ておりました。
無事、合格できましたよ〜( ̄ー ̄)/C□


第一回目は合格率69.4%、第二回目は合格率43.8%だそうです。
思いの外、合格率が低いのには驚きました。
認定者一覧も更新され、人数を数えてみたら今のところ69人。
この資格を持っているからと言って、手術の保険点数が上がるわけではないですが…
現段階では希少な価値ですので、給与交渉に使ってみようかな!?(笑)


人数が少ないうちに、この資格をメリットとして良い使い方ができるかを考えてみようと思います。
資格というのは取ることがゴールではありません。
(一般的に必修とされる専門医や講習さえ受ければ取れる、という資格は除く)
有資格者にしかできない何かを生み出すことができるといいな、と考えてます。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

平昌五輪開幕! [スポーツ一般]

昨日から、2018年冬季五輪が開幕しております。
寒さやらインフラやらノロやら…いろいろな問題も山積みですが、
選手たちが全力を出し尽くせるように願っております。


個人的な予想としては…
・ノルディック複合でメダル1〜2個
・ジャンプ女子でメダル1個
・フリースタイルスキー男女でメダル2〜3個
・スノーボード男女でメダル3〜4個
・スピードスケート女子でメダル5〜6個
・フィギュアスケート男女でメダル2〜3個
くらいを予想しております。

また、金メダルのチャンスが大きい選手としては、
・コンバインドの渡部選手
・モーグルの堀島選手
・ジャンプの高梨選手
・スノボの平野選手、鬼塚選手
・スピードの小平選手、高木美選手、パシュート
・フィギュアの宇野選手、(回復次第で)羽生選手
あたりなのかな、という気がしております。



もちろん、s-podサポートアスリートの小野塚彩那も、
ハーフパイプ競技に出場します。
2月19日10時から予選、20日10時半から決勝です!
12月の怪我の影響で滑れなかった時期もあったのですが、
なんとか調整も間に合った様子。
正直、金メダル争いの壁は非常に高いと思いますが、
勝つだけの努力は積んできている選手ですので…
当然結果も期待しておりますし、
前回の銅メダルを上回るリザルトを残せると信じております。


今回は時差もなく、観戦には非常に適したタイムテーブル。
是非、各種冬季競技に注目してみて下さい!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

医者の世界一周 [日記・雑感]

今日は、世界一周ブログをご紹介。
「Life book」


このブログ、ただの世界一周記ではなく、
整形外科医が(計画的に)仕事を休んで旅をしているというもの!
なかなか長期で休みを取れない職業だけに、
旅の内容に加え、その準備などに示唆に富んだヒントがあります。


ブログ主は、僕も色々と学ばせていただいている、
医師のキャリア革命(オンライン)のメンバーでもあります♪
⇒ http://seikei-eigo.blogspot.jp/p/blog-page_33.html
実は自分も世界一周をやろうと思ったこともあり、多少の知識があったので、
この話を飲み会で聞いたときにはホントに羨ましかったですね〜。
スターアライアンス/ワンワールドの世界一周チケットあるあるや、
世界一周におけるイースター島の位置づけで盛り上がりました。
(わからない人は…ぜひ色々と調べてみてください!)


自分ができなかったことを彼に託して?
僕はしばらく日常生活の積み重ねに戻ります。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ