So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

群馬県防災ヘリ墜落事故に思うこと [病院&医者の話]

個人情報、特にプライベートなことをブログで書くことは、
極力控えているのですが…今日は特別に。


先日群馬で起きた防災ヘリ墜落事故。
そのヘリに古くからの友人が搭乗しておりました。
医療の現場だけでなく、スキーの現場でも、
共に通ずる目標を持って、互いに励まし合っていた男です。
貴重な命がこのような形で失われてた事が、残念でなりません。


⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000067-asahi-soci


最初の出会いは、群馬県西部地区にある小さな赤十字病院でした。
彼は新人救急隊員、僕は若手の医師という立ち位置。
彼はあっという間に、救命救急士、レスキュー、県防災ヘリ担当と、
どんどんステップアップしていきました。


また、スキーで国体県代表に関わるようになってからは、
代表選手である彼を、僕はチームドクターとしてサポートしていました。
スタートエリアで、Warm-upの相手をしたこともあったっけ。
スキーのジュニア指導にもその繋がりは広がっていき、
外傷発生時に連携をとったり、障害予防の取り組みをしたりと、
お互いに刺激を与えられる関係でした。


5月に、
"腰痛がひどいんで、何とかしてくれ〜”
というメールが来たので診察を組み、MRIを撮像した所、
それなりの腰椎椎間板ヘルニアがあったので、
「一番の治療は休むことだから、休職診断書を書こうか?」
と、冗談半分で声をかけたら、
「俺が医者の言う事を聞かない、って良く知ってるでしょ?」
と、笑いながら話したのが、最後の会話になってしまいました。


その人間性から、周囲にいる皆から愛されていた男。
そんな素晴らしい男が不幸な事故に遭ってしまったというのが、
とにかく悔しく、本当に悲しいとしか表現できません。
通夜や告別式には出られませんが…
近く時間を作って、彼に会いに行きたいものです。


あと、繰り返す防災ヘリの事件を見て、
ドクターヘリというのも危険を伴う仕事だな、と感じました。
(運行状況が異なるので、危険度は低いかもしれませんが…)
華やかな仕事である一方、そのリスクを改めて感じさせられますね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

骨折診断にAIソフトウェアが進出! [整形外科&スポーツ医科学]

先日、こんなニュース記事を目にしました。
「医療現場へのAI導入が加速 FDAが骨折診断ソフトを認可」


ついに来ましたねぇ…
前後/側方の2方向からのレントゲン写真で、
骨折を診断してくれるソフトウェアのようです。
今のところは手関節のみのようですが、適応範囲が広がるのは間違いないでしょうね。
FDAのリリースは⇒こちら



このようなソフトウェアのニーズは、まずは一般(他科)開業医や当直医師でしょうから、
そのレベルを凌駕するAIを作るというのは、それほど難しいものではないように思います。
このソフトウェアがどのようなスピードで勢力を拡大し、精度を高めていくのか、
注目してみたいと思います。


僕は…逃げ切れる?のかな!?
そこも気になります(笑)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

タイブレーク@甲子園 [スポーツ一般]

今日の甲子園第4試合、佐久長聖VS旭川大高の1戦は、
甲子園史上初のタイブレークにもつれ込みました。
ちょうど試合の時間が外来診療と重なっており、
TVを見始めたのは、まさにタイブレーク開始のタイミングでした。


今回から採用されたタイブレーク制は、投手の故障予防を主目的として採用されました。
整形外科医にとっては歓迎すべきシステムなのですが…
観客としてはわずかの違和感と、かなりの緊張感があります。
プレーをしている選手は、精神的にキツそうというのが第一印象。
先行と後攻で戦略の自由度もだいぶ変わりますし、
野球自体の本質を考えると、賛否両論あることでしょう。


そして実は、佐久長聖高校は私の母校でもあります。
一般の観客として客観的に見ていたというよりは、応援者の立場として見ていたもので、
やはりシステムに対する違和感を強く感じたのですが…
整形外科医としては諸手を挙げて賛成したいシステムであることも事実。


当事者である高校球児やその関係者にとっては複雑な感情を抱くシステムかもしれませんが、
メディカルの立場、野球ファンの立場の両方向の視点から、
タイブレークの是非について見守っていきたいと思っております。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

草刈り機の刃が! [整形外科&スポーツ医科学]

整形外科医が救急外来で良く遭遇する外傷の原因として、
「電動草刈り機」
が、あります。
『救急車です!62歳男性、電動草刈り機で大腿の挫創!』
なんていう電話が来ると、
ちょっと掠ったり切れたりした程度の軽いものから、
筋腱の断裂や骨折、血管神経損傷を含むものまで、振れ幅が非常に大きいので、
ちょっと緊張感を高めてERへ向かう…というのは、
殆どの整形外科医が経験しているシチュエーションかと。


そんな電動草刈り機…従来のイメージはこんな感じです。
鋭く尖った金属製の円刃が、様々な災いを引き起こす…


電動草刈機.jpg


そんな電動草刈り機の刃が、最近だいぶ変わってきました。
金属製の刃は折損や石に弾かれるという問題が多いため、
『ナイロンコード』を歯の代わりに使うというものが増えてます。


ナイロンコード.jpg


草を刈るのではなく、なぎ倒すという作用機序だそうなのですが、
その結果、電動草刈り機によるケガの種類が少し変わってきています。


<金属製の刃>
・受傷機転は刃が折れて刺さることか、刃が石に弾かれて直接身体に接触すること
・鋭利な切り傷または、身体の深層にいたる深い切創

<ナイロンコード>
・受傷機転は飛び石がほとんど。たまにナイロンコードの直達受傷がある。
・飛び石の場合、打撲や挫創
・直達受傷の場合は、皮膚から皮下組織レベルの挫創


こうなると、医者の対応もかなり変わってきます。
って言うわけで、最近は草刈り機の受傷の場合には、
金属製の刃かナイロンコードなのかを必ず確認するようにしています。
技術革新による受傷機転の変化というのは、
外傷でもスポーツでも一緒なんですよね(^_^;)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

医者も襲われる危険があります [病院&医者の話]

先日、名古屋にある大学病院の救急外来で、
泥酔した患者に医師が襲われた事件がありました。
この類の事件、実はしょっちゅう起きています…
自分が勤務している県内に限っても、年に一度くらいは新聞沙汰になりますね。
「精神疾患を有する患者」
「治療や診断の結果に恨みを持つ患者」
などが、こういった死傷事件を起こす事が多いのですが、
後者は自分の努力でどうにか防衛できる部分があるものの、前者はどうにもならないですよね。


僕が研修医になる直前にも、近隣の病院で医師が殺されてしまった事件がありました。
診察室に入ってくるやいなや、医師を刃物で刺したという状況だったそうです。
研修医のレクチャーで先輩から、
「診察室に『武器』となるものを置いといた方がいいよ」
という内容のことを言われたことはありましたが、
ここ数年は、すっかり忘れていました!


今、診察室に常時あるものとすれば
・角度計
・ノートPC
・厚みのあるハードカバーの教科書
くらいでしょうか。
ちょっと太刀打ちするのは難しそうですよね…
事務所や救急外来だったら、刺股くらいは置いてありますが(^_^;)


ちなみに、昔は医者も外来診察室でタバコを吸いながら診察するような環境だったらしく、
大抵こんなものが診察机に置いてあったそうです。

A306_Z1.jpg

結構重くて大きいやーつ。
火サスなら「鈍器」として扱われてもおかしくないクラス。
その先輩も、患者さんに掴みかかられた経験があるらしく、
灰皿で一撃を食らわしたとか…


ここまでの攻撃力はなくとも、自分を守ってくれる「何か」は常備しておきたいものです。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

Google先生の精度Up? [日記・雑感]

先日、自分のPCの挙動が不安定になり、
その解決策をGoogle先生に尋ねてみました。
「Macbookpro USB-C 認識しない 片方」
「Macbookpro ファン 異常稼働」
などなど。


すると、とりあえずどの検索でも、
【SMC(システム管理)リセット】
【PRAM/NVRAM(ハードウェア)リセット】
のどちらかをやれば、99%治りますよ。
という結果でしたので前者を試した所、あっさりと解決しました。


さすがGoogle先生!と、思ったのですが、
その原因や再発予防法なども知りたいと思い、
トップヒットから10個ほど読んでみたのですが、
なかなか欲しい情報には行き当たりません。


そこで、検索ワードに「原因」「再発」などのワードを追加した所、
やはりトップヒットで全てがあっさりと解決するわけです。
この体験から、できるだけ検索ワードを細分化するほうが、
効率的に答えに行き着くのかな?と仮定してみました。


その結果はどうなるのでしょうか…
自分自身でしばらく使ってみて、感じてみようと思います。
「Google 検索ワード 効率化 多い 少ない どちら」
で検索すればいいじゃないか。


というツッコミは、なしでお願いします( ̄▽ ̄;)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

積み立てにて無駄遣いを予防?する [医者の資産運用]

2年前に医業以外のビジネスで法人を作ったのを契機に、
ファイナンシャルリテラシーを磨く機会が増えました。
そして、個人の究極的な目標としては、
「無駄な出費をしない」
ということが大切なのがわかったのですが…
どうしてもストイックになりきれない部分がありました。
(衝動買い、ご褒美買い、などなど)


そこで、ちょっとした逆転の発想として、
【強制出金により、自由に使えるお金を減らす】
というのが一番楽なのかなと思い、
今ではこんな感じで毎月出金(積立?)してます。

確定拠出年金:23,000円/月
小規模企業共済:70,000円/月
個人型ドル建て年金:40,000円/月

これ以外には、保険とAI投信に幾ばくか、という所ですね。
なかなか口座のお金が増えない事によって、
出費の決断を鈍らせ、浪費への危機感を高めることができます。
意思が弱い&臆病な人間には、ぴったりハマりますよ(笑)


医師は、所得給与が多い割には経費や控除が殆どなく、
他の業種に比べて退職金も安定しているわけではありませんので、
ある程度そのあたりを自分で準備しておく必要があります。
65歳になった時の自由な時間と働き方の選択肢を増やすために、
コツコツ積み立てていこうかと思っています。


嗚呼!
30代前半で気づいておきたかった…(#+_+)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

『投げない』という選択 [整形外科&スポーツ医科学]

高校生でありながら…プロの世界を目指すために、
自らに投球制限を課して、高校野球を戦った選手がいます。

「投げなかった」高校時代

以前、このブログでも紹介したかもしれませんね。
立派にプロ野球選手として、しかも1軍で活躍する存在になりました。


彼は、いわゆる野球強豪校ではこの選択ができないと感じ、
一般の公立高校へ進んだのですが…
こういった考えが高校野球界の常識の一つになれば、
投球障害が減少する可能性もあります。


立田選手が今後ますますご活躍されることを、
いちスポーツファンとして、いちスポーツ整形外科医として、
心から願っております。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

整形外科領域で注目すべき診療報酬の改定

今年度も診療報酬が改定されました。
…って、もう7月ですね( ̄▽ ̄;)
ちなみに、整形外科領域の勤務医にとって、
外来や手術関連で自分に関係ありそうなものを挙げてみると、

<新設>
・妊婦加算75点(時間外:200 深夜:365 休日:695)
・夜間休日救急搬送医学管理料600点
・救急搬送看護体制加算200点
・小児運動器疾患指導管理料250点

<変更(増額)>
・創傷処置(100cm2未満) 45点⇒52点
・創傷処理(≧10cm 筋/臓器に達する)2000点⇒2400点
・ORIF(前腕・下腿・手舟状骨) 14810点⇒15980点
・ORIF(手・足・鎖骨・膝蓋骨) 9480点⇒11370点
・骨移植術(自家骨移植を含む) 14030点⇒16830点
・神経縫合術(指) 12640点⇒15160点
・偽関節手術(鎖骨) 14500点⇒15570点
・ARIF(足) 18910点⇒22690点
・関節内骨折観血的手術(指) 10370点⇒11990点
・関節ねずみ摘出手術(膝) 13000点⇒15600点
・腱縫合術 11320点⇒13580点
・腱移行術(指) 13610点⇒15570点

あたりが挙がるのでしょうか?


関節鏡関連や、関節内骨折が評価されたのは嬉しいです!
手術の手間もかかるし、要する技術が高いものですので。
その一方、個人的な感想として…
膝遊離体摘出の点数が上がる理由はよくわかりません(^_^;)
そんなに難しい手術じゃないんだけどな。


この点数増減と自分の給与が相関するわけではありませんが、
保険診療の今後向かおうとしている方向性を知るためにも、
面倒ですが?毎年確認することにしています。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ANA/JALの上級会員を両取りしました [日記・雑感]

昨年の8月から始まった毎週の北海道勤務ですが、
飛行機で通っていることの副産物?として、
ANA&JALの2社とも、上級会員資格を取得できました!
いわゆる、紫組ってやつになったわけですね( ̄ー ̄)ゞ


ANA⇒AMCプラチナ
JAL⇒JMBサファイア


上級会員になる前には、航空会社ラウンジに憧れたものですが…
実際に毎週飛行機に乗る身に自分がなってみると、
ラウンジでお茶やビールなんていうのはどうでも良くなり、
いかに出発ギリギリに搭乗口に行き、時間を無駄にしないかというところを目指すようになります。
って訳で、一番嬉しいのは専用保安検査場でした(笑)


両者とも、上記のステイタスを保有している1年の間に、
航空会社系クレジットカードを取得しておけば、
年会費を払うことによって、ステイタスを生涯にわたって保持することができます。
「生涯保持可能」ルールはいつか改正されると思いますが…(^_^;)
海外に行くときにもサービスやマイルでビジネスアップグレードがしやすくなりますので、
念の為、両方ともこの資格は維持しておこうかと思っております。


契約の際に、交通費は勤務先負担の形としましたので、
今回は手出しゼロでこの資格を取得することができました。
医者として働きながらだとかなり取りにくい資格ですし
更に年間10万マイル前後を獲得できるということを考えると、
意外と北海道通勤も悪いもんじゃないですよ(笑)


飛行機好きのドクターは、週末に遠隔地のバイトを入れて、
飛行機で通勤をしながら「修行」してみてはいかがでしょうか?
月2回、ANA/JALどちらかに絞って利用すれば…
ポイント的にはギリギリ行けるんじゃないかなぁ(^-^;)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -