So-net無料ブログ作成

専門医試験 終了~ [整形外科&スポーツ医科学]

今日は朝7時20分集合からの、面接&口頭試問。
結果からご報告いたしますと、無事に終わりました。

最初のビデオ画像を見ながらの試問は、なんと下垂足を伴う腰部脊柱管狭窄症!
所見や検査、治療方針については立て板に水ですらっと行ったのですが、
(あまりにもスラスラすぎて、保存療法を語り忘れるくらい)
ただ、そういうときには得てして落とし穴が。

・・・いきなり脊椎手術の術野動画が出てきたんで、軽くフリーズしました(笑)
ここ何年か入っていませんので、ちょっと苦しかったねぇ。


部屋を移ってからのパネル症例は、1例目が橈骨遠位端骨折+骨粗鬆症。
いやー、大当たりでしたね。
なにしろその骨折、患者として自分で体験しているのですから、わからない訳がありません。
更にパネルを見ていくと、手術の写真が出てきました。
そしたら・・・

患者さんに入ってたプレートが、僕のと一緒!?(´,_ゝ`)プッ

かなり和みました。

ただ、口頭試問はもう一症例あります。
何が出てくるのかな?と緊張していたら・・・まさかのACL+MCL損傷!

うん。
これはさぞかし、普段の行いが良かったんだなぁε=ε=(ノ≧∇≦)ノ


試験官の教授が膝のご専門という事もあり、こちらの素性も割れていたのでしょう。
僕もかなり凝ったプレゼンをしたら、それに対する更にマニアックな質問の繰り返し。
マシンガンのような打ち合いを彷彿とさせるような勢いで、試問が進んでいきました。

そして。。。試験的にはACL+MCLだったのでしょうが、MRIでLCL周囲が出血している気がしたので、
最後にコチラからちょっぴり仕掛けてみました。
『問題の臨床所見では問題ないのですけど・・・MRIでは外側および後外側の損傷も疑われるんで、
手術直前に麻酔下で左右差や内反・回旋動揺性を確認しておきます』
と。


そしたら試験官の先生が嬉しそうに、
『そうなんだよ!僕もMRIではそう見える気がするんだよね。君もそう思ったかぁ(笑)』
だって。
それまでは、そこまでえぐってくるマニアックな受験生はいなかったらしい。
まぁ、こっちも専門医試験を受けてるとは言え、年齢高めの10年目ですから・・・ね(*´∀`)クスクス


そのあとは後外側支持機構の修復や再建のマネージメント、実際に僕がやっている方法について聞かれ、
そこでまた盛り上がって試験時間を少しオーバーしてしまうというおまけ付き。
そんなこんなで無事に試問は終了しました。

最後に前日の筆記試験の解答をもらい、ゆりかもめの中で採点をすると8割弱も取れてました!
・・・ビビりすぎて、勉強しすぎたな。
まず、大丈夫だと思います!゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚


最後に、終わった勢いで同級生と2人でこちらのお店へ直行!

201101211121000.jpg

初めてカウンターに座りました。
ってか、カウンターしかないんだねぇ。
せっかくなんでランチセットではなく、板前さんとガチ勝負の“おまかせ”に挑んできました。


・・・最高でした。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 3

ask

お疲れ様でした!日本酒もすすんだこととは思います(笑)。
by ask (2011-01-22 04:05) 

杉本佳久

日整会専門医試験おつかれさまです。
ACLの質問が出たときの、先生のにんまり顔が想像できますね。
キター!!って感じですね。

日頃の行いが良いんだと思いました(笑)
by 杉本佳久 (2011-01-22 12:04) 

simimasa

⇒ask先生
いやー、旨かったっす。
昼間っから飲みすぎました。
確かにおいしくはあったのですが、観光客が多かったのが気になりました。
(自分もそうですけど)
個人的には『水谷』の方が好きです。


⇒杉本先生
いやー、なんとか無事終わりました!
ウチの医局は、まだ誰も落ちていないという変な伝統がありまして。
毎年のように受験生はプレッシャーに晒されるんですよね。。。
まぁ、何とか史上初を逃れられそうなので、安心しています。

by simimasa (2011-01-23 15:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0