So-net無料ブログ作成

「小児運動器疾患指導管理なんちゃら」のeラーニングを受けてみました [整形外科&スポーツ医科学]

この4月から整形外科領域において、
「小児運動器疾患指導管理料」
の算定が可能となるにあたり、
それに必要な資格のeラーニングが始まりました。
日整会誌の10月号に会告が出てたのですが、
なかなか時間が取れず、昨日ようやく視聴しました。


僕自身はあんまり接する機会のない患者さんですし、
取るか取らないか迷ったのですが…
取れるものは取っておこうと思い、受講した次第です。
集金に協力するのはあんまり好きではないのですが…(笑)


流れとしては、
①動画による講義を受ける
②テストを受ける
③(合格したら)クレカ決済する
って感じで、受講料+認定料で2000円となります。
試験レベルは、専門医試験くらいのイメージでしょうか?
5問中4問の正解が求められますが、
講義をしっかり理解できれば大丈夫かと思います。


また、講義動画は大変面白く、有益なものでした。
先天性膝関節脱臼の治療方法や、上腕骨骨端理解見逃し、
Monteggia骨折を疑う場合の撮像肢位(前腕内旋位)、
先天性下腿弯曲症と先天性下腿偽関節症の違い、
生理的O脚とBlount病の画像鑑別…などなど、
自分の知識不足や、専門医試験から時を経て忘れてしまったことなどを再確認することができました。
先股脱は近年増加傾向にあるってのも驚きでしたねf^_^;


単なる教育研修講演としても非常に勉強になりますので、
意外と?良かったです。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。