So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

全治2週間?の捻挫?? [整形外科&スポーツ医科学]

先日のフィギュア男子全日本選手権で優勝した宇野選手。
ショートプログラムの直前にケガをして、強行出場していたそうです。
⇒ https://number.bunshun.jp/articles/-/833007


本人が「全治2週間くらいかな」というコメントをしたことも話題になっていましたね。
フィギュアスケートは靴が固くてハイカットタイプということもあり、
軽度の捻挫であればなんとか滑走することができたのでしょう。


僕自身は最近患者さんへの説明で、「捻挫」というワードは補助的にしか使いません。
何故かと言うと、「捻挫」の病態は軽いものから複数の靱帯断裂を含む重いものまで、
非常に大きな幅を持つため、患者さんに病態を軽視させてしまうようなケースがあるからです。
足関節捻挫 日本整形外科学会HP


幸い近年ではMRI検査を経ずとも、外来の初診時にエコーで靱帯損傷の評価を行うことができ、
損傷靭帯の本数やその程度がある程度推測することが可能ですので、
僕は「捻挫」ではなく「靱帯損傷(+その程度)」と説明し、必要に応じた治療を行います。
その方が、患者さんも病態を理解しやすく、先の見通しが立ちやすいという利点がありますので。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。