So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジャンプ週間4連勝 [スキー]

この年末年始、スポーツ界を騒がせていたスキー選手といえば…
スキージャンプの小林陵侑選手。
ジャンプ競技のクラシックレースである、ジャンプ週間4連戦(F1でいうところのモナコGP)において、
総合優勝を勝ち取るだけでなく、4連勝を果たすというものすごい快挙を成し遂げました。


スキージャンプ・ワールドカップより古い歴史を持つこの4連戦ですが、
4連勝はドイツのハンナバルト、ポーランドのストッフに続き、史上3人目の快挙になります。
3連勝ですら、これを果たせたのはわずかに5人しかいないんですが、
実は、そのうち2人が日本人で、笠谷幸生と船木和喜という名選手だったりします。
ちなみに、笠谷は4連勝のかかった最終戦を(札幌五輪の国内選考会のため)欠場し帰国したことで、
それを惜しんだ地元のジャンプファンは大騒動を起こしたとかf^_^;


まぁ、そんな快挙を達成した小林選手ですが、ワールドカップでも大活躍しています。
今季の個人11戦で、優勝8回、3位2回、7位1回というとんでもない成績。
過去のシーズン最多勝は、15−16シーズンにスロベニアのプレブツが記録した15勝。
日本人のシーズン最多勝利は葛西選手の6勝ですし、
総合成績で舟木2位、原田4位、斉藤5位、葛西10位と日本が過去最強だった、
長野五輪が開催された97−98シーズンにおける日本人選手の優勝回数を合計したとしても11勝です。
前半3分の1を経過した時点ですでに8勝という勝ちっぷりは、とんでもないペース。
最多勝記録の更新も期待されています。


ジャンプ競技はとんでもなく繊細な競技なんで、この調子がいつまで続くかはわかりませんが…
ぜひ最多勝も更新して、歴史に名を刻む偉大な王者になってほしいものだと思います。
あとは、(恒例の)欧米諸国のやっかみから来るルール変更が炸裂しないことを祈ります(笑)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。