So-net無料ブログ作成

いちばん大切なのは、飛び込むこと [医者の資産運用]

有価証券や不動産をつまむようになってから、ずーーーーっと気になっていたこと。
それはよく聞く、
「投資は自己責任」
というワードに対して、自分がやるべきことは何だろう?という事でした。


新しいことに取り組む際には、人生から退場するような大ケガをしないために、
その投資に対して、当然(それなりの)勉強はします。
ただ、医者という本業がおろそかにならない程度の勉強時間によって身につけた知識って、
正直その道のプロからしたら、クソみたいなもんだと思うんですよね。
不動産でも有価証券でも、今となってそれらを始めた当時の自分のレベルを顧みると、
悪意を持った人間に引っかかってたら、本当にヤバかったな…と感じてます。


つまり、「情報弱者」になって悪人の「養分」になりたくないと思い、
一生懸命に書籍やインターネットで勉強をしてはいたものの、
結局、適切な判断をする力や問題を解決する力が身につく時というのは、
自分が痛い思いをして、それに対して必死に解決をしようともがいた時だけだったという事ですね。


不動産で言えば、最初に業者から購入した一棟ものを良いと思って買ったのですが、
運営のために不動産関連の勉強をしていくうちに出口戦略や運営での不安?を抱き、
それをフォローするための物件を探していた所、非常に良い業者さんと飛び込みで出会い、
その業者さんが流してくれた未公開物件を良い値段で購入することが出来たおかげで、
最初の物件を少し割高で購入してしまったということを理解できた、という流れもありました。
法人保有であることや、全体のポートフォリオとしては安定していることから、
幸いにも、かすり傷になるかならないかという程度のものなのですが…


何が言いたいかというと、不動産にしても株にしても(自分はやらないけどFXにしても)、
やっぱり、つまんでみないとわからないことはいっぱいあるし、
机上の知識や学びだけでは自分の視野が狭くなったり、
自分に都合の良い解釈の知識しか身につかない、ってことです。
5年も投資や事業に関わる勉強をしていたにも関わらず、やっとこの本質?に気づきました。
そんな気づきを頂けたのは、このブログの記事だったんですよ。


『情報弱者』【Blog:ゲテモノオールスターズ百鬼夜行さま】


投資以外にも、いろいろな世界で当てはまるんじゃないかというこの思考。
心に沁みますね。
まぁ、搾取されないような努力は続けて、損をしないような努力は続けますけどね(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。