So-net無料ブログ作成

新年早々の振り返り [医者の資産運用]

あけましておめでとうございます。
大晦日〜元日にかけて、この1年の資産変化を(酒を飲みつつ)確認していました。


他の先生方のブログのようにしっかりと資産管理を初めたのが今年の夏頃からなので、
ざっくりとした概算になってしまうのですが…
現金預貯金と法人への貸付金を合計すると、昨年1年で1000万円弱の資産を得ることができました。
個人資産6割、法人貸付4割って感じでしょうか。
今までは無駄?に使うだけだった部分を法人経費にすることができるようになったというのが、
とにかく大きかったという結果になりましたし、まさに狙い通りの展開にできたな、と。


有価証券については、保有評価額で見ると−150万円くらいでしたね。
キャピタルは、テンバガーを経験したこともあり、+350万でした。
評価額はもう少し下がる可能性が高いですが、あまり気にしていません。
もともと短期から中期のキャピタルを取るより、3〜4%の配当狙いや優待狙いでしたし、
持ち続けても安心感がある銘柄ですから、安けりゃ売らなければ良いだけの話なので。
(SUBARUとZOZO以外は…^^;)


一方、不動産&医療関係業務の法人について評価をしてみると…
返済比率がようやく50%を切るかどうかというレベルに留まっているというのが実際の所です。
保有物件4棟のうち3棟は築浅かつ資産価値を持つ立地なので全く心配してないのですが、
築21年地方RC(EV付き)については、この先の不動産市況やトラブルなどを鑑みると、
充分な利益が出せることを確定できるようなものではありません。


法人の自己資本比率も低いので、そのあたりの財務状況はまだまだ改善が必要ですし、
そのためにも個人資産はもう少し法人に入れる必要もあるのかな?と感じさせられました。
あとは、貸付金が法人内に貯まってくるようなら、繰り上げ返済もありかな?と。
色々な形はあるかと思いますが、財務三表のいわゆる「右側」を充実させて、
金融機関から良い評価を受けられるよう、2〜3年のうちに良好な財務状況を作り上げたいです。
その頃には不動産市況でもきっと?買い場が来ている??ことでしょう(笑)


フリーランス医師としての活動も1年半になりますが、ようやく収支状況が見えてきました。
週4.5〜5日常勤より週4日フリーランスの方が、明らか良いという結果になりそうです。
特に可処分所得のレベルになるとこの差が大きくなってくるのですが…
これについては、現在企画中の新ブログの方でご紹介していく予定です。


徒然と書いてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ