So-net無料ブログ作成
医者の資産運用 ブログトップ
前の10件 | -

Google AdSenseの審査を開設7日&7記事で通過しました [医者の資産運用]

実は今、新たに収益?ブログを立ち上げています。
インフルエンサードクターの皆さんにもご協力頂く予定なのですが、
その際にある程度の記事数を確保しておきたいので、
3月からひっそりと記事を書き溜めている状態です。


ブログの詳細はまだお知らせできないのですが…
3月下旬のローンチを予定していますので、
その際にはこちらのブログでもお知らせできるかと思います。


それに伴い、「Google Adsense」というオンライン広告システムの審査を受けてみたところ、
⇒ Google AdSense
まだ実際のPV数は1日3〜4人、記事も7本(1500〜2500文字)しか書いていませんが、
なんとこの審査をスルッと通ることができました。


この審査はかなり不透明?なもののようであり、世間では攻略サイトも多いです。
⇒ https://takuetsu.jp/google-adsense-sinsa/
私が心がけたことは、

・単なる日記にはせず、Tipsを盛り込んで読者が有益になる記事にする
・ワードプレスを使い、段落構成や論理構成がわかりやすい見出し記事にする
・公益良俗に反しない内容にする

という3つだけです。


審査の手間もそれほどないので、ブロガーの皆さんは一度トライすることをオススメします。



スクリーンショット 2019-03-20 7.16.43.png



昨日から収益が入り始めたのですが、PV数4人にもかかわらず、
広告料は200円弱入ってきました。
どこまでビジネスとして利益を生むことができるのか…楽しみです。





最短で収益を得るためのGoogleアドセンス攻略ガイドブック

最短で収益を得るためのGoogleアドセンス攻略ガイドブック

  • 作者: 古川 英宏
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

全損型生命保険にメスが入りました [医者の資産運用]

先日「整形外科医のゆる医ブログ」で紹介されていた、節税保険のお話。
僕自身も飛び込みで申し込むかどうか検討していた件なので、
ちょっと記事にしてみようかと思います。


法人で不動産を所有すると、
「税金との戦い」
という戦いが、いかに厳しい戦いかというのを実感します。
特に土地の価値が高く、建物部分の割合が低いという、
いわゆる良い不動産物件になればなるほど、これを自覚することと思います。


そんな人の味方といえば、
・倒産防止共済
・4年落ちの中古車
あたりが代表的なのですが、掛け金が全て経費にできる全損型生命保険というのも、
かなり使えるアイテムになります。
そんな心強い存在が、3月末で金融庁の御意向に添って事実上の廃止となるようです。
全損型生命保険に金融庁のメス


僕自身としては2年前からこの噂=全損保険に対する引き締め、については、
販売者、税理士、(&税務署員の友人)から噂を聞いていたので、
法人を建てる際から一貫して、
【 グレーゾーンに首を突っ込むリスク>収益性 】
というスタンスを貫くことを決め、半損商品にしか手を出しておりません。
とはいえ、不動産所有法人が1期目の決算において、わずか9ヶ月の売り上げにもかかわらず、
購入諸経費を差っ引いても黒字が出たという状況を見てちょっと驚き、
2期目の決算では(諸経費をふんだんに入れたにも関わらず)、
4桁を超える利益が出てしまっているという事実を目の前にすると、
雨上がりの宮迫さん程度に、オフホワイトで行けばよかったなぁ…
と、後悔しております。



出口時点でなんらかの規制がかかったり、税務調査が入る確率の上昇、
万一ではありますが…追徴のリスク、などがありますが、
全損で経費をぶち込んでおかないと厳しいような財務体質の優良法人をお持ちの方は…
可及的早期に動いておく事を、オススメいたします┐( ̄ー ̄)┌



損金の計上や利益の繰り延べについて理解できてないけど、
とりあえず法人で不動産持ってるよ、という子羊さんは、こちらを一読願います。
ぺんたの地方不動産日記



資産性の高い不動産を持つことが当然最強ではあるのですが、
キャッシュを残す、という点だけについては
資産性皆無のサンタメ田舎RCクソ物件(建物割合85%)というのも意外と良いもんだな、
と、感じている今日この頃です。



…税金を搾取される優良物件が同居しているポートフォリオである事が大前提ですけど、ね^^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

いちばん大切なのは、飛び込むこと [医者の資産運用]

有価証券や不動産をつまむようになってから、ずーーーーっと気になっていたこと。
それはよく聞く、
「投資は自己責任」
というワードに対して、自分がやるべきことは何だろう?という事でした。


新しいことに取り組む際には、人生から退場するような大ケガをしないために、
その投資に対して、当然(それなりの)勉強はします。
ただ、医者という本業がおろそかにならない程度の勉強時間によって身につけた知識って、
正直その道のプロからしたら、クソみたいなもんだと思うんですよね。
不動産でも有価証券でも、今となってそれらを始めた当時の自分のレベルを顧みると、
悪意を持った人間に引っかかってたら、本当にヤバかったな…と感じてます。


つまり、「情報弱者」になって悪人の「養分」になりたくないと思い、
一生懸命に書籍やインターネットで勉強をしてはいたものの、
結局、適切な判断をする力や問題を解決する力が身につく時というのは、
自分が痛い思いをして、それに対して必死に解決をしようともがいた時だけだったという事ですね。


不動産で言えば、最初に業者から購入した一棟ものを良いと思って買ったのですが、
運営のために不動産関連の勉強をしていくうちに出口戦略や運営での不安?を抱き、
それをフォローするための物件を探していた所、非常に良い業者さんと飛び込みで出会い、
その業者さんが流してくれた未公開物件を良い値段で購入することが出来たおかげで、
最初の物件を少し割高で購入してしまったということを理解できた、という流れもありました。
法人保有であることや、全体のポートフォリオとしては安定していることから、
幸いにも、かすり傷になるかならないかという程度のものなのですが…


何が言いたいかというと、不動産にしても株にしても(自分はやらないけどFXにしても)、
やっぱり、つまんでみないとわからないことはいっぱいあるし、
机上の知識や学びだけでは自分の視野が狭くなったり、
自分に都合の良い解釈の知識しか身につかない、ってことです。
5年も投資や事業に関わる勉強をしていたにも関わらず、やっとこの本質?に気づきました。
そんな気づきを頂けたのは、このブログの記事だったんですよ。


『情報弱者』【Blog:ゲテモノオールスターズ百鬼夜行さま】


投資以外にも、いろいろな世界で当てはまるんじゃないかというこの思考。
心に沁みますね。
まぁ、搾取されないような努力は続けて、損をしないような努力は続けますけどね(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

新年早々の振り返り [医者の資産運用]

あけましておめでとうございます。
大晦日〜元日にかけて、この1年の資産変化を(酒を飲みつつ)確認していました。


他の先生方のブログのようにしっかりと資産管理を初めたのが今年の夏頃からなので、
ざっくりとした概算になってしまうのですが…
現金預貯金と法人への貸付金を合計すると、昨年1年で1000万円弱の資産を得ることができました。
個人資産6割、法人貸付4割って感じでしょうか。
今までは無駄?に使うだけだった部分を法人経費にすることができるようになったというのが、
とにかく大きかったという結果になりましたし、まさに狙い通りの展開にできたな、と。


有価証券については、保有評価額で見ると−150万円くらいでしたね。
キャピタルは、テンバガーを経験したこともあり、+350万でした。
評価額はもう少し下がる可能性が高いですが、あまり気にしていません。
もともと短期から中期のキャピタルを取るより、3〜4%の配当狙いや優待狙いでしたし、
持ち続けても安心感がある銘柄ですから、安けりゃ売らなければ良いだけの話なので。
(SUBARUとZOZO以外は…^^;)


一方、不動産&医療関係業務の法人について評価をしてみると…
返済比率がようやく50%を切るかどうかというレベルに留まっているというのが実際の所です。
保有物件4棟のうち3棟は築浅かつ資産価値を持つ立地なので全く心配してないのですが、
築21年地方RC(EV付き)については、この先の不動産市況やトラブルなどを鑑みると、
充分な利益が出せることを確定できるようなものではありません。


法人の自己資本比率も低いので、そのあたりの財務状況はまだまだ改善が必要ですし、
そのためにも個人資産はもう少し法人に入れる必要もあるのかな?と感じさせられました。
あとは、貸付金が法人内に貯まってくるようなら、繰り上げ返済もありかな?と。
色々な形はあるかと思いますが、財務三表のいわゆる「右側」を充実させて、
金融機関から良い評価を受けられるよう、2〜3年のうちに良好な財務状況を作り上げたいです。
その頃には不動産市況でもきっと?買い場が来ている??ことでしょう(笑)


フリーランス医師としての活動も1年半になりますが、ようやく収支状況が見えてきました。
週4.5〜5日常勤より週4日フリーランスの方が、明らか良いという結果になりそうです。
特に可処分所得のレベルになるとこの差が大きくなってくるのですが…
これについては、現在企画中の新ブログの方でご紹介していく予定です。


徒然と書いてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

毎週北海道まで通勤したら…めっちゃマイルが貯まりました [医者の資産運用]

昨年8月から毎週北海道通勤という生活なのですが…1月から12月までの通勤記録をもとに、
病院持ちの通勤費用のおかげで、どれだけマイルが貯まったのかを計算してみました(笑)
飛行機に乗るともらえるフライトマイルに加えて、その航空券購入代金や、
宿泊費、新幹線代の支払いに対するマイルの総計を出してみたというわけでございます。


ちなみに詳細としては…年間52週中、47週の北海道勤務でした。
航空券は最安値で購入、シートは通常の座席、宿泊は5000円/泊(早割)のシティホテル。
マイルを貯めたカードはJALがAMEXプラチナANAがVISAプラチナです。
航空券購入だと100円あたり3.5〜4マイル、その他支払いだと100円あたり1.5マイルが、
自分の懐に入る計算になります。


全てのデータを合算してみると
フライトマイル ⇒94,546マイル
航空券購入代金 ⇒50,424マイル
ホテル&電車代 ⇒8,290マイル
Total ⇒153,260マイル
という結果になりました。
国内線だと、羽田⇔沖縄往復航空券10人分ですし、
国際線だと東京⇔EU/北米往復ビジネス2人分 or ファースト1人分ですね!
金額にすると、50〜120万円ってところでしょうか。
「税金を取られない報酬」としては悪くないと思います。



その他の特典としては、航空会社の上級会員になるためのポイントというのがあります。
ANAは52,691ポイント、JALは53,230ポイントでしたので、
ANA/JALともに、通勤のみで上級会員になれるという計算になりました。
こちらも一度取れば一生キープできる資格ですので、プライスレスな価値があると言えるでしょう。


通勤経費以外に、個人およびマイクロ法人の経費&税金などを全てカード払いにした結果、
カード会社ポイント⇒マイルの変換により126,083マイルを頂きましたので、
1年間のTotalでは、合計279,343マイルを取得しました。
海外学会のビジネスクラス航空券や、プライベートな旅行に使ったとしても、
まだまだ12万マイル以上の残高が残っておりますので…
そろそろ、効率の良いマイルの消費方法を本気で考えなくてはですね。


さて、今年も終わりとなりました。
大晦日は1年の資産運用や個人収支について数字を出し、分析&反省をする1日にしようかと。
来年も良い年になるように、いや、良い年にできるように、しっかりと自らを省みたいと思います。





マイレージを貯めてファーストクラスで旅行に行こう♪

マイレージを貯めてファーストクラスで旅行に行こう♪

  • 作者: Hiroko
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2018/03/08
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ソフトバンクIPOの結果 [医者の資産運用]

この1ヶ月間、TVCMなどでもしばしば見かけていた、
ソフトバンク(9434)のIPOですが…
公募価格1500円に対し初値1463円、終値1282円と、
まぁ、かなり低調な結果に終わりました。


僕自身、IPOは負ける可能性が非常に低い投資と考え、
SBIで(ポイント欲しさに)全銘柄の申込みをしていますが、
今回は補欠で300株当選したものの、見送りました。
見送った理由としては、
①周囲の個人投資家にやたら営業が来ていたことを知っていた
②大型すぎることと、ソフトバンク自体の地合いが悪かった
③行きつけの美容院の美容師さんまで、この話をしてきた
という3点でした。
「靴磨きの少年」理論です(笑)


個人的にはその裏のKudan(4425)に注目しており、
全力で申し込んだのですが、残念ながら落選でした。
上場初日に初値がつかないほどの高値になりそうなので、
セカンダリーも期待できないですね(×_×#


株式市場自体も、少しずつ冷え込んできているので…
今年から来年にかけては、少し我慢の時期になりそうです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

REIT信用買いで実践する不動産投資セミナー [医者の資産運用]

先日、オンラインサロン「医師のキャリア革命」企画の、
『REIT信用買いで実践する不動産投資セミナー』
に参加しました。


REITとは、投資家からお金を集めて不動産収益で運用するもの。
投資信託の不動産版?のイメージが近いかもしれません。
⇒ https://j-reit.jp/
僕自身も2012年にREITを複数銘柄購入しており、
その配当金はありがたく頂いているのですが…
今までは株と一緒?というイメージで扱っていました。


不動産を始めてみて、その世界を理解してくると…
スケールメリットやキャピタルゲインの面を除けば、
「現物不動産じゃなくてもREITでいいな」
という気さえしてしまいます。
(僕自身の物件の)税引き前利益は1〜2%ですから、
投資効率や手間、流動性を考慮すると、
決してREITも悪いものではありません。


現物不動産と同様に、REITも今は買い時ではありませんが、
買い場が来たときには多少のレバレッジを掛けて、
全力で買い向かえる準備はしておいたほうが良いですね。
僕にとっての準備というのは資産背景を良くして、
こういった鉄火場において投入できる金額を上げること。
現金とはいえ、リスクを持つ投資に当てられる金額は、
資産背景に比例するのは間違いない事なので…f^_^;



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

医療機器レンタル 実績 [医者の資産運用]

先日、医療機器レンタルを始めた話をちょっと書きましたが、
https://corticalscrew.blog.so-net.ne.jp/2018-06-24
7月、8月の売り上げ?結果が出たのでちょっと検証してみます。

【7月】
(レンタル機器使用)手術4件
売り上げ:36,400円
【8月】
手術3件
売り上げ:44,100円


初期投資額が86万円ですので、
2ヶ月で10%弱の金額を回収することができました。
これを生み出すのに要した時間的な負担に関しては…
毎回の納品書および月毎の請求書を作成するのに、
ひと月あたり1時間位の事務作業をしたくらいですね。
振れ幅を考慮しても、年間利回り50〜60%くらいは期待できそうです。
費用対効果としても、なかなか良い感じだと思っております。


とはいえ、売り上げのうち半分は再投資?へ。
機械の洗浄・滅菌をやってくれているOpe室スタッフに、
飲み会代や病棟費的な名目で、還元することにしました。
機械を管理してくれているお礼としては安いものですし、
色々なことを頼みやすくなるというプライスレスな効果も(笑)


そんなこんなを踏まえて…
財務的には3年で償還できるかな?という感じですね。
年間利回り30%の投資という感じで落ち着きそうです。
とはいえ、
・使用機器の精度や状態を術者が管理可能であること
・術者の手術に対するモチベーションアップ
・Ope室スタッフの業務に対するモチベーションアップ
(日常業務だった機械管理業務が、インセンティブに!)
・法人売上に対する減価償却としての節税
などを考えると、数字以上の効果があるのは間違いありません。


自分の利益を生み出せたというのはもちろんですが、
周囲の人間にも何らかの形で利益を還元できたということに、
非常に嬉しく、満足しております。
手術患者が集まるほど皆が幸せになるシステムですので、
僕自身も技術と知識を常に磨き続けることで、
良い評判が広まるよう、頑張り続けたいと思えます( ̄ー ̄)/C□



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

積み立てにて無駄遣いを予防?する [医者の資産運用]

2年前に医業以外のビジネスで法人を作ったのを契機に、
ファイナンシャルリテラシーを磨く機会が増えました。
そして、個人の究極的な目標としては、
「無駄な出費をしない」
ということが大切なのがわかったのですが…
どうしてもストイックになりきれない部分がありました。
(衝動買い、ご褒美買い、などなど)


そこで、ちょっとした逆転の発想として、
【強制出金により、自由に使えるお金を減らす】
というのが一番楽なのかなと思い、
今ではこんな感じで毎月出金(積立?)してます。

確定拠出年金:23,000円/月
小規模企業共済:70,000円/月
個人型ドル建て年金:40,000円/月

これ以外には、保険とAI投信に幾ばくか、という所ですね。
なかなか口座のお金が増えない事によって、
出費の決断を鈍らせ、浪費への危機感を高めることができます。
意思が弱い&臆病な人間には、ぴったりハマりますよ(笑)


医師は、所得給与が多い割には経費や控除が殆どなく、
他の業種に比べて退職金も安定しているわけではありませんので、
ある程度そのあたりを自分で準備しておく必要があります。
65歳になった時の自由な時間と働き方の選択肢を増やすために、
コツコツ積み立てていこうかと思っています。


嗚呼!
30代前半で気づいておきたかった…(#+_+)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

手術器械レンタル はじめました [医者の資産運用]

今日はちょっと真面目な?話。
手術に使う各種機器のリースを始めたというお話です。


僕は年間、80〜100件ペースで鏡視下膝十字靱帯再建手術を行っているのですが、
現在手術を行っている病院にはその機材がありませんので、業者から毎回レンタルしてました。
使用する機材は大まかに言うと、A〜Dの4セットから成るのですが、
そのセットに内包される全ての機材を使うわけではなく、使う機材はほぼ決まっています。
とはいえ、機材自体はセットでしかレンタルしてくれないというのが実情なんですよね…


また、レンタルの機材に入っている機材にガタが来ていたり、
ドリルのキレが悪かったりして手術がやりにくかったりと、
機材の管理やクオリティの面でも、自分持ちとして自分で管理する方がメリットがあります。
そしたら、自分で必要な機械だけを自分で購入しちゃって、
メーカーがレンタルで出すより安い価格で、病院にリースすればいいんじゃね?
そうすれば、購入価格を償還した後は自分の儲けに…(。-∀-)ニヒ♪
って考えると、誰も損をしないスキームが成り立ちます。


ちなみに、現状と見積もりを調べるとこんな感じでした。
<メーカーレンタル料>  <最低必要機材 購入価格>
A:10,000円(点数30点) 49万円(点数10点)
B:5,000円(点数15点)  150万円(点数10点)
C:5,000円(点数4点)   17万円(点数2点)
D:6,000円(点数9点)   20万円(点数5点)
E:8,000円(点数9点)   41万円(点数6点)

少なくとも、自分で購入することによって手術機器の点数は少なくなり、
看護師さんの負担や病院の滅菌コストは下がりそうですね。
これを、メーカーのレンタル料から30%引きで貸し出した時の原価率を見ると…
A:0.7/49 = 1.27%
B:0.35/150 = 0.23%
C:0.35/17 = 2.05%
D:0.42/20 = 2.10%
E:0.56 /41 = 1.37%
ってわけで、原価率がものすごく低いBをレンタルのままにしておけば、
約1年、70回の手術で購入費の元が取れる形になります。


機材を個人法人で購入・所有する形にすれば、耐用年数5年で償却できるので、
(経費化という流れを介して)約20%オフで購入できます(^_^;)
実際には50回も手術をすれば元が取れ、それ以降は利益という形となります。
いわゆる、手術に対してインセンティブな給与がもらえるというのと一緒ですね。
更にこれが法人に入るので、個人よりも税率が低くなり、手取りは多くなります。
うん、これはやるべきですな。
って訳で、早速機材を購入し、先週から運用をはじめました。


35076918_1735342243199044_3966701781630582784_n.jpg


自分専用の機械を使ってみると…
とにかく、手術のときにテンション上がりますね!
経済的なことから持ち上がったこの話でしたが、
手術が楽しくなったというのは、思わぬ副作用?でした(笑)


ドクターの皆様、機会あれば是非、My手術機械の購入を考えてみてはいかがですか??


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 医者の資産運用 ブログトップ